アルトコインとは?投資する際に注意したいポイントを解説

暗号通貨を知る

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)について調べていると、いつも目に付くアルトコインという言葉。一体なんのことなのか、実は詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。アルトコインとはどのようなものを指すのか、アルトコインに投資する際に注意したいポイントとあわせて紹介します。


アルトコインとは何か

アルトコイン(altcoins) とは、ビットコインの後に生まれた暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の総称です。オルトコインと呼ばれることもあります。ビットコインの代わりになるコイン(bitcoin alternative coin)という意味の言葉を省略した呼び名です。アルトコインの多くは、ビットコインの仕組みを基本としてつくられています。

ビットコインの後につくられたアルトコインには、ビットコインの欠点を補うタイプもあります。なかにはビットコインとは異なる、まったく新しい技術を有するコインも存在します。アルトコインは総じて、ビットコインに比べ時価総額も低く、流動性もそれほど高くありません。

信頼性や安全性に問題があるアルトコインも多いため、取引には注意が必要です。取引を行う前に、どのような技術を有し、何を背景として誕生したコインなのか、開発者はだれかをしっかり確認しておきましょう。

アルトコインの代表例

代表的なアルトコインには、イーサリアムやXRP、ビットコインキャッシュ、フュージョンコインなどがあります。

イーサリアムは、分散型アプリケーションのプラットフォームで、スマートコントラクトという機能を持つアルトコインです。イーサリアムのスマートコントラクト機能を使えば、不動産の契約や結婚など、あらゆる契約が自動で行われるようになります。

あらゆる通貨のブリッジ役となるリップル社のXRPは、法定通貨と暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)、法定通貨と法定通貨というように、異なる通貨間の橋渡しをします。
例えば、日本からアメリカへ送金を行う際、銀行から海外送金を行うのが一般的です。銀行での海外送金は、手数料が高く日数もかかります。ところが、XRPを経由して取引を行うことで、円からドルへの両替も送金も瞬時に行うことができ、さらに送金手数料も節約できるのです。

ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークによって生まれたアルトコインです。機能はビットコインと変わりません。

フュージョンコインは、XRPをベースに開発され、暗号通貨と法定通貨の両方を取り扱うハイブリッド銀行を展開しています。フィンテック時代の先駆者となり得ると期待されているコインです。

日本で生まれたアルトコインもあります。モナコインやビットゼニーがその代表です。

アルトコインの将来性について

アルトコインは20193月現在、全部で約2,100種類あります。そのどれもが高い価値を有するわけではなく、将来的には消えてしまうコインも数多くあると考えられます。どのようなコインが残り、どのようなコインが消えてしまうのか考えてみましょう。

アルトコインの価値を決めるのは、現在の価格だけではありません。現在の価格が高くても、将来性のないアルトコインはそのうち消滅してしまうでしょう。アルトコインの取引をする際には、そのコインにはどのような付加価値があるのかを見極めることが大切です。
前項で紹介したイーサリアムやXRPは、世界的に人気を得ているアルトコインです。それはコインが持つ付加価値が評価された結果といっても過言ではありません。

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)があたりまえに使われる時代が来たとき、人々の生活に浸透するのはどのコインなのか。生き残るコインはどれかという視野を持ち、投資を行うことが大切です。

近い将来だけを考えるのであれば、多くの人が投資しているコインを選ぶことで、消滅によるリスクを避けられます。取引量や流通量の多いアルトコインに投資をするのです。時価総額ランキングで上位にあるコインを選んで投資することをおすすめします。


アルトコインに投資する際にチェックしておきたいポイント

アルトコインに投資する際には、上記以外にもチェックしておきたいポイントが3つあります。

社会に有益なものか

上述のとおり、価格ではなく、社会にとって有益で多くの人に選ばれるシステムや技術であるのかを考えて、投資を決断します。

ビットコインとまったく同じ技術のアルトコインでは、ビットコインのように多くの人に受け入れられる可能性は低くなります。ビットコインは、世界初の暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)であることや、発行枚数に上限があることなど、複数の要因が絡みあいその価値を高めているからです。

アップデートをしているか

アルトコインのなかには、当初予定していたプロジェクトがまったく進まないものもあります。将来的にそのコインが利用されることを考え、システムがきちんと整備されているコインを選びましょう。コインのホワイトペーパーやロードマップを確認し、そのとおりにアップデートが行われているかを調べておくと安心です。

生まれたばかりのコインはチェック

誕生したばかりのアルトコインは、ほとんど価値を持ちません。しかし、人気が出れば一気に価格が上昇することもあります。コインの将来的な人気の予測は、社会に有益なものか、ロードマップが用意されそのとおりにことが運んでいるのかという部分から判断します。

話題性がありそうなアルトコインは、早めに買っておくと将来的に大きなリターンを得られるかもしれません。もちろん、まったく人気が出ず損失を出してしまうこともあります。ひとつのコインに多額の投資を行うのではなく、複数のコインを購入するなどリスクヘッジをしましょう。


アルトコインに投資するときにはここに注意!

アルトコインへの投資は、ビットコインへの投資よりもリスクが高くなってしまうことがあります。なるべくリスクを避けるために、アルトコインへ投資を行う際は、以下の点に注意しましょう。

投資は少額から

いきなり多額の資金を使って投資を行うのではなく、まずは少額から始めてみてください。特に生まれたばかりのアルトコインに投資する際は注意しましょう。例えば、コイン1枚あたりの価格が100円下がったとき、10枚では1,000円ですが、1,000枚になると10万円もの損失になります。価格が下がってもしかたない、とあきらめられるくらいの金額から投資を始めましょう。

暴落や取り扱い中止に注意

アルトコインの価値は、暴落してしまうこともあります。また、取引所で取り扱いが中止されてしまうことも少なくありません。日本でも海外でも、取引所がアルトコインの取り扱い中止を決めた例が多くあります。取り扱い中止や暴落を予想する鍵は、やはりコインの将来性が握っています。正体不明のアルトコイン、実体のないアルトコインへの投資は避けましょう。

リスクを認識して投資する

「リスクが少ない」といわれている投資方法でも、必ずリスクは存在します。アルトコインに投資を行う場合にはなおさらです。価格の上下による損失はもちろんのこと、コインとして存在しているがプロジェクトの実体がない、詐欺コインである可能性もあります。ここで紹介した注意点をよく理解し、リスクを認識して投資を行うようにしましょう。

アルトコインで投資はできる!ただしリスクは認識しておこう

今後、ビットコイン以上に利用され、世界中に普及するであろうアルトコインも多々あります。投資を行うときは、現在の価格だけでなく、将来性についても考えて、購入するコインを選びましょう。リスクを認識したうえで投資を行うことが大切です。

 

参考:

アルトコイン証券用語解説集|野村証券

第二のビットコインはどれ?アルトコインに見る将来性とは|J.Score

アルトコインの取引で失敗しないために!投資のポイントと注意点とは?|CCJOURNAL