ビットコインの分裂とは?分裂から見えてくるビットコインの課題

暗号通貨を知る

ビットコインには分裂した過去があることをご存じでしょうか? この背景にはビットコインにまつわる機能上の問題があり、その問題は暗号通貨(仮想通貨)全体の問題ともいえます。そのため、暗号通貨(仮想通貨)取引をする人は、ビットコインの分裂について知っておくべきです。そこで今回は、ビットコインの分裂の原因や、分裂後の状態などを詳しく解説していきます。

 

ビットコインはなぜ分裂した?

まず、ビットコインがなぜ分裂したかを解説します。この「原因」を知ることで、暗号通貨(仮想通貨)全体の問題が見えてくるでしょう。ビットコインが分裂した大きな原因は「スケーラビリティ問題」によるものです。
スケーラビリティ問題とは、ビットコインのブロックサイズがネックになり、データの処理速度が遅くなってしまう問題です。データ処理が遅くなるということは、ビットコインの強みである「通貨の送受金の速さ」が薄れてしまいます。

ビットコインをはじめ、暗号通貨(仮想通貨)はひとつの取引をひとつのブロックにして、チェーンでつなげることで管理(ブロックチェーン)しています。そのひとつのブロックには容量が設定されているため、書き込める取引の数(量)も自ずと制限されます。
ビットコインのブロックサイズは1MBに制限されており、他の暗号通貨(仮想通貨)に比べると容量が小さいため、処理スピードが遅くなるという問題が浮上していました。特に、将来的にビットコインの取引量が増えたときは、さらに処理速度が遅くなることが懸念され、大きな問題になる可能性があります。

一部のマイナーが、スケーラビリティ問題を解決するために容量を増やすことを提案しましたが、反対派も現れました。そのためビットコインを、従来のビットコインと、容量が多いビットコインキャッシュに分裂させたというわけです。

 

ビットコインが分裂したあとはどうなった?

では、ビットコインが実際に分裂したあとはどうなったでしょうか? 新しい暗号通貨(仮想通貨)の誕生にも絡んでくるので、この点はしっかり押さえておきましょう。

暗号通貨(仮想通貨)分裂の2つの種類

暗号通貨(仮想通貨)を分裂させるときには、大きく分けて以下2種類の方法があります。

  • ソフトフォーク
  • ハードフォーク

ソフトフォークとは、今までの暗号通貨(仮想通貨)に新たな規制を加えることなので、今の通貨を「アップデート」するようなイメージです。そのため、ソフトフォークでの分裂は一時的な現象であり、完全に分裂するというよりは通貨が新しく生まれ変わるための一時の分裂といった現象です。

一方、ハードフォークとは、ソフトフォークとは違い、新たなルールで暗号通貨(仮想通貨)を作り替えることです。そのため、ハードフォークで分裂すると、ブロックチェーンは永久的に分裂して、まったく新しい暗号通貨(仮想通貨)が誕生します。ビットコインの分裂は、こちらのハードフォークの方です。

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュとは、ビットコインから分裂したコインです。ビットコインキャッシュとビットコインの大きな違いは、ブロックサイズが1MBだったものを8MBまで容量を増やした点です。
これにより、いわゆる「送金詰まり」を解消させて、送受金が遅くなるスケーラビリティ問題をビットコインほど懸念する必要がなくなりました。

暗号通貨(仮想通貨)の時価総額(発行枚数×暗号通貨(仮想通貨)価格)の1位はビットコインですが、ビットコインキャッシュは誕生して時間がたっていない(2017/8/1誕生)にもかかわらず第4位です。もともと、ビットコインから分裂したという背景が第4位の理由でしょう。

分裂したほかの通貨は?

ビットコイン以外で分裂したコインといえば、時価総額ランキング第2位のイーサリアムが挙げられます。イーサリアムが分裂した理由は、イーサリアムを利用したプロジェクト(The DAO)が、ハッキングに遭い不正送金されたことがキッカケです。

時価65億円ものイーサリアムが不正送金されたことを受け、「ハードフォークすることで、不正送金される前に戻す」という案が出ました。しかし、90%がこの案に賛成したものの、10%は反対したことでイーサリアムとイーサリアムクラシックという2つの通貨になったのです。

このように、同じ「分裂」といっても、ビットコインとイーサリアムでは根本的に分裂した原因が異なります。暗号通貨(仮想通貨)は、その機能に将来性はあるか? という点が大きく価格に反映されるので、分裂した背景を知ることで、その機能の将来性も予測することができます。だからこそ、暗号通貨(仮想通貨)の売買をするなら、分裂の背景は把握しておくべきです。

ただ、スケーラビリティ問題が発生し、ハードフォークしたことで改善したからといって、問題が生じるたびにハードフォークすればよいというものではありません。ハードフォークして分裂すれば、所有者が分散することで需給バランスが崩れます。仮に需要が下がれば暗号通貨(仮想通貨)の価格も下がるので、問題が起きたからすぐにハードフォークするというわけにはいかないのです。

分裂した「理由」を知ることが大事

このように、ビットコインは2017年の8月に、ビットコインキャッシュに分裂しました。また、イーサリアムも同様に分裂した過去があります。分裂した原因を知ることで、今後同じようなことが起きたときに、その通貨の価値がどうなるかを予測しやすくなります。それは、暗号通貨(仮想通貨)投資で成功する確率が上がることにつながります。

参考: