Burnとは何か。知っておきたいBurnの基礎知識と事例

暗号通貨を知る

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の用語に「Burn(バーン)」というものがあります。運営側が暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の一部を使えなくすることで価値が高まることを期待する方法ですが、この前後では大きな値動きが起こります。暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)取引を始めるのなら知っておきたい、Burnの基礎知識とこれまでの事例や、今後Burnを予定しているコインをご紹介します。

Burnとは

日本語で「燃やす」を意味する「Burn」。暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の用語として聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。Burnとは、その言葉の意味のとおり、「コインを燃やす」ことを指します。とはいえ、デジタルに存在し実体を持たない暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)は、実際に燃やすことはできません。
Burnは、コインの一部を事実上利用できなくすることで、コインの価値を高めるひとつの方法として利用されています。例えば、発行総数の決まっているコインでBurnを行うと、供給よりも需要が高まるため、コインの価値も高まる、というわけです。

なぜBurnが必要なのか

Burnを行うことでそのコインには多くの資金が流れ込む可能性があります。上記のように、コインの価値を上げたいとき、またはコインの価格が下がりそうなときに、それを食い止めるために行われることもあります。ただし、Burnによって必ずしも価格上昇の効果が得られるという保証はありません。

また、プルーフ・オブ・バーンにも、Burnの仕組みが利用されています。プルーフ・オブ・バーンとは、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)を新規発行するひとつの手段です。ビットコインでは、新規コインを発行する手段としてプルーフ・オブ・ワークという手法が用いられています。プルーフ・オブ・ワークでは、与えられた仕事をより早く行ったユーザーに対し報酬が与えられます。ところが、プルーフ・オブ・バーンでは、古いコインを燃やしてしまうことで、新しいコインを発行しています。
プルーフ・オブ・ワークでは、初期のユーザーがより多くのコインを得やすいシステムとなっており、あとから参加したユーザーからの不満が多いのが現状でした。そこで、「より多く働いた人」ではなく、「より多くコインを手放した人」に新規コインを発行するプルーフ・オブ・バーンが開発されました。プルーフ・オブ・バーンで新規コインを発行することによって、より公平性の高い仕組みとなっています。

Burnの方法

Burnは、コインの運営側が行うものです。Burnしたコインは、誰の手にも渡らないよう厳重に管理されます。まずはパブリックアドレスに燃やしたいコインを送金し、秘密鍵でセキュリティーを行い、永久に取り出せないようにします。先ほども触れたとおり、コインは実際に燃やすわけではありません。しかしこれで、事実上コインは消滅したことになります。

Burnしたら手持ちのコインはどうなる?

もし、自分が所有している銘柄のコインがBurnされたらどうなるのでしょうか。基本的に、Burnは運営側が保有しているコインを消滅させるため、個人で所有しているコインが減少してしまうというような影響はありません。しかし、価格には影響が少なからず出るでしょう。Burnの直前・直後は値上がりが期待できます。保有しているコインがBurnされるという情報が出たら、そのまま保有しておくとよいでしょう。もちろん、価格が上がったタイミングで売却してしまうのも手です。Burn前後は価格が安定せず、大きく値を下げることもあるため、価格の推移を注視しておきましょう。

ロックアップについて

Burnと似たものに、「ロックアップ」というものがあります。これは運営側が一時的にコインの流通を止める方法です。Burnと異なる点は、運営の判断によって再び市場に流通することがある、という点です。
ロックアップされると聞いたらコインは消えない、Burnなら消えてしまう、と覚えておきましょう。

これまでにBurnされたコイン

ここからは、実際にBurnされたコインを紹介します。Burnされた理由や、コインの価格の動向について見ていきましょう。

ALIS

こちらは国産の暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)です。ブロックチェーンを用いたSNSプラットフォームを作るためのプロジェクトとして誕生し、ICOで資金調達を行いました。ICOのトークンセールで売れ残った通貨を2017年11月17日にBurnし、その前後はチャートが大荒れとなります。Burn直後に急落・急騰を繰り返し、その後は価格がゆっくりと落ちていき、レートが安定していきました。
具体的には、2017年11月12日に1ALIS40円、15日には88円、16日に62円、17日に68円と推移し、21日には41円まで値を下げています。2018年12月現在は、大きく値を下げたままとなっており、1ALIS4円前後です。

しかし、ALISプロジェクトは着実に進み、2018年9月にはMicrosoftと「投げ銭API」開発協同開始を発表しています。今後も進化を続ける可能性があるコインと言えそうです。

TRIG

TRIGはブロックチェーン技術を利用して、スマートガンの管理ネットワークを構築しようとしてスタートしたプロジェクトです。スマートガンとは、指紋認証によって銃の所有者や利用者を管理できる銃のことを言います。スマートガンの管理システムを構築することで、銃の誤射やさまざまな事件を防ぐ目的があります。

TRIGは2017年9月中旬にBurnを実施しました。Burnを行うと発表した直後から高騰し始め、実施直前にはさらに高騰します。
実際の値動きは次のとおりです。2017年8月は1TRIG25円ほどだったのに対し、9月に入ると100円を超え、Burnの前後には価格が260円を超えています。さらにその後、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)全体の値上げもあったことから大幅に値を上げ、1TRIG1,000円を超えたこともありました。しかし、現在はほとんど値が付いていない状況で、2018年12月現在1TRIGは9円前後となっています。

これからBurnする予定のコインは?

このように、Burnを行うことによって実際にコインの価格は上下しています。今後、Burnの予定があるコインはぜひともチェックしておきたいところです。最後に、今後Burnを行う予定のコインをご紹介します。

BNBコインは3カ月に1回Burnしている

バイナンスコイン、BNBは定期的にBurnしていることで知られています。おおよそ3カ月に一度Burnを実施していますので、今後は2019年1月、2019年4月に行われる可能性が高くなっています。BNBのBurnはBNBの価格を維持するために行われているものです。これまでBurnの前後では価格が上下し、安定しないという特徴があり、今後もBurnの前後には相場が荒れることが予想されます。

NTKは段階的にBurnを予定

AIの開発や活用のためのプラットフォームとして開発が進められているのがニューロメーション、NTKです。このプロジェクトでは段階的にBurnされることが決まっています。2019年、2020年、2021年の年1回、それぞれの年の2月1日までに実行される予定です。
2018年現在、ニューロメーションを購入できる取引所はごく限られています。AIという分野から将来性があること、定期的なBurnによって値下がりのリスクが低いのはメリットと言えるでしょう。

Burnに関するニュースをいち早くチェックしよう

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の需給バランスを整えるために行われるBurnは、コインの価値が下がり過ぎないよう運営側が実行するものです。上記のように、一部ICOではすでにロードマップに組み込まれているものもあります。Burnを行うと、価格が上昇すると言われていますが、必ず値上がりすると決まっているものではありません。それでもこれまでの事例を見ると、Burnを行うコインは買っておいて損はなさそうです。暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の値動きを予想するためにも、Burnの最新情報や動向についてよく知っておきましょう。

 

参考: