次世代期待の暗号通貨(仮想通貨)「eos」に期待される暗号通貨の将来像

暗号通貨トピックス

2018年7月現在、暗号通貨(仮想通貨)時価総額ランキングで5位と圧倒的な人気を誇るeos。eosはなぜ投資家に支持されているのでしょうか? 次世代暗号通貨(仮想通貨)のエースとなり得るeosの持つ特徴と将来性、またeosを実際に売買することができる取引所も紹介していきます 。

暗号通貨(仮想通貨)eosとは?eosの基本スペック・特徴

eosの基本スペック

2017年6月26日にリリースされ、すぐに時価総額ランキングトップ10にランクインしたeos。ICO史上最高額となるおよそ4,300億円を集めました。その驚異的な数値はイーサリアムのICO調達金額が16億円だったことと比較してもお分かりいただけるでしょう。

 

通貨名 EOS

リリース 2017年6月26日

発行上限 1,000,000,000 EOS

ブロック認証サイクル DPoS

公式サイト https://eos.io/

 

分散型アプリケーションのプラットフォームを採用

eosはイーサリアムと同じく分散型アプリケーションのプラットフォームを採用しています。またイーサリアムをベースとして開発された暗号通貨(仮想通貨)ですので、イーサリアムのデメリットを補強したうえでさらに性能が向上しています。

具体的にはブロック認証サイクルにDPoSを採用することで手数料が無料になっています。またブロック生成間隔が短いため、高速での処理が可能です。そのためeosは将来的に多くの企業で利用されるのではないかと期待されています。

ハイクオリティーなトランザクション処理能力

eosのトランザクション処理能力は他の暗号通貨(仮想通貨)を圧倒しています。1秒間で何百万ものトランザクションの処理をすることができます。暗号通貨(仮想通貨)界最速クラスのトランザクション処理能力といってよいでしょう。

手数料無料

eosはDPoSを採用しています。DPoSは保有者の中で投票によって承認者を選出したうえで報酬を与える仕組みです。そのため、これが財源となり、eosは手数料無料を可能としています。

eosを保有する利点

eosはEOSプロジェクトの開発費用としてICOで配布されたトークンです。ですから2018年現在、eos自体に利用価値はありません。eosのホワイトペーパーにも「eosに将来的に価値が出る保証はない」と明示されています。

ではその利用価値のないeosを保有する利点は何でしょうか? ズバリ「Airdrop」だと考えられます。EOSは2018年4月にeosDACを無料で配布しています。今後も何かしらのAirdropが期待されています。

eosを売買できる取引所と売買方法

eosを取り扱う暗号通貨取引所

eosは日本の暗号通貨(仮想通貨)取引所では取り扱っているところがありません。ですから、海外の暗号通貨取引所を利用する必要があります。

eosを取り扱っている海外の暗号通貨(仮想通貨)取引所は多く、Binance・HitBTC・Bithumb ・Bitfinex・Bit-Z・Gate.io・Huobi(pro)・OKExなど40カ所以上あります。ここではeosを購入するためにおすすめの暗号通貨取引所をご紹介します。

Bithumb

eosを購入するために使いやすい暗号通貨(仮想通貨)取引所はBithumbです。

  • 日本語に対応している(サポートセンターにも日本語を話せるスタッフが常駐)
  • eosの取引高が世界一の暗号通貨取引所(2018年7月時点)

このようにBithumbなら海外の暗号通貨(仮想通貨)取引所であっても、日本語対応が充実しているので不便を感じることなく取引をすることができます。ただし取り扱い通貨の種類は13種類(2018年7月時点)と少ないため「eos」をメインに取引する人向けです。

Binance

Binanceは2017年7月にできたばかりの暗号通貨(仮想通貨)取引所ですが、世界でもベスト5に入る暗号通貨取引量を誇っている中国の取引所です。200種類もの暗号通貨(仮想通貨)を割安な手数料で売買することができるため、世界的にも人気の暗号通貨取引所になっています。

ただしBinanceでは去年まで日本語対応をしていましたが、2018年1月から非対応になりました。またeosに関してはあまり取引高が多くない点がデメリットといえるでしょう。

eosの具体的な購入方法

日本の暗号通貨取引所を開設する

海外の暗号通貨(仮想通貨)取引所は日本円に対応していません。ですから最初に日本の暗号通貨取引所でビットコインやイーサリアムなどの通貨を購入することになります。どの暗号通貨取引所でもビットコインには対応しているので、ビットコインを購入することをおすすめします。

HPにアクセスして海外口座を開設する(例 Binance)

海外口座の開設方法について説明していきます。日本の暗号通貨(仮想通貨)取引所と開設方法はほぼ同じですので、簡単に海外でも口座を開くことが可能です。

BinanceではHPにGoogle翻訳機能のボタンがついており、それを利用して日本語に対応できますので、混乱することなく利用することができます。

1.HPにアクセスします

参考:Binance公式HP https://www.binance.com/

2.アカウントを作成します

下記HPから直接アカウント作成ページにいけるので便利です

https://www.binance.com/register.html

3.メールアドレスとパスワードを入力します

メールアドレスにBinanceからメールが届きます。リンクをクリックすれば登録が完了になります。

eosのこれから

eosはイーサリアムをしのぐ実力があると言われています。しかし実用化するにはもう少し時間がかかりそうな暗号通貨(仮想通貨)です。eosは国内の暗号通貨(仮想通貨)取引所では取り扱っていないため、購入するためには海外の暗号通貨取引所で口座開設する必要があります。