暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)は儲からないって本当!?リスク管理の方法を知ろう!

暗号通貨を知る

2018年は暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)市場が大幅に下落した時期もあり、資産が減ってしまった人もいるのではないでしょうか。暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)は価格変動が激しいため、リスクが高いイメージを持つ人もいます。しかし、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)に関する知識を身につけることで、リスクをできるだけ回避することが可能です。リスク管理にはどのような方法があるのか、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の資産価値、知識を身につけるための方法などを紹介します。

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)取引におけるリスクとは?

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)に投資するためには、どのようなリスクがあるのか把握しておくことが大切です。暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)には、価格変動や管理上のリスクがあることを理解しましょう。

価格変動のリスク

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)は価格変動が激しい投資対象です。暴落により資産が減る可能性があります。暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の価格は、需要と供給のバランスで決まります。そのため、市場参加者の心理状態が反映しやすく、プラス材料があると上昇し、マイナス材料があると下落することが特徴です。また、株式やFXに比べて流動性が低いため、多額の取引により価格が大きく変動してしまうこともあります。このように、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の価格変動は市場参加者には大きなリスクとなります。

管理上のリスク

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)は、ネット上で取引できることがメリットです。反面、オンライン上で管理していると、ハッキングの被害に遭いやすくなります。また、スマホやパソコンの故障、ウイルス感染などにより管理していた暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)を失ってしまう可能性もあるのです。
暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)には専用のウォレットがあり、種類によってセキュリティーの高さも違います。保管する際には、できるだけセキュリティーの高いウォレットを使う必要があります。

取引所のリスク

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)取引は、取引所を介して行われることが一般的です。しかし、取引所には多額の暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)が保管されているため、ハッキングのターゲットになりやすいというリスクがあります。過去には、取引所がハッキングの被害に遭い、顧客が預けていた暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)が流出する事件も発生しました。また、取引所のシステムトラブルにより一時的に取引できなくなるリスクもあります。

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)取引のリスクを回避するには?

できるだけリスクを回避するには、前もって対策をしておく必要があります。リスク回避の具体的な方法を学びましょう。

価格変動のリスクを回避する

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)は少額から投資することも可能です。例えば、ビットコインは2018年12月現在1BTC40万円前後で取引されていますが、0.1BTCや0.01BTCという単位でも取引することができます。取引できる最少額を0.0001BTCとしている取引所もあります。初心者のうちは少額投資で価格変動の動きに慣れることも大切です。

さらに、あらかじめ損切りのタイミングを決めておくことで、損失が増えることを防止できます。

また、レバレッジ取引をする際には、レバレッジをかけすぎないように注意しましょう。

管理上のリスクを回避する

パソコンやスマホなどの故障に備えるには、ウォレットのパスフレーズを徹底管理する必要があります。パスフレーズがあれば、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)のデータを取り戻すことができるからです。

ハッキングやウイルス感染を防止するには、インターネットから切り離して管理することも重要です。コールドウォレットなら管理上のリスクを軽減することができます。

ウイルス対策のためには、ワクチンソフトを最新の状態に更新しておくことも忘れないようにしましょう。

取引所のリスクを回避する

取引所のリスクを回避する方法は、特定の取引所に多額の資金を預けないことです。複数の取引所で分散して管理する必要があります。取引所はセキュリティー対策を徹底し、金融庁の仮想通貨交換業者に登録されている業者が無難です。

また、取引所で購入した暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)は、取引所のウォレットではなく自分のウォレットで管理することができます。自分で保管していれば、ハッキングによる資金流出や内部不正などのリスクを防ぐことができて安心です。

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)を資産として保有するメリット

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)は取引のリスクが高いとは言え、資産として保有するメリットがあることも事実です。将来的に決済手段として普及すれば、通貨としての価値も上がることが期待されます。では、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の価値とは、どのようなものなのでしょうか。

個人間で送金ができる

法定通貨を送金する場合は、金融機関を経由する必要があります。特に、国際間の送金には手間や時間、手数料がかかることがデメリットでした。しかし、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)を利用すれば、ネットワーク上で個人間の送金をスムーズに行うことができます。送金スピードが速く、送金にかかる手数料も安く済ませることが可能です。

市場の拡大が見込まれる

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の利便性を考えると、将来的に市場が拡大する可能性が十分あります。とは言え、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の市場の整備はまだ整っていません。また、法規制も整っていない状況です。今後、市場の整備や法規制が進めば、多くの個人投資家や機関投資家が参入する可能性があります。特に、機関投資家の参入は市場にも大きな影響を与えます。市場が拡大すれば、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の資産としての価値も上がるでしょう。

決済手段として普及する可能性がある

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)を決済手段として利用できるのは、個人だけではありません。企業や金融機関も決済手段としての利用を検討しています。実際に、世界の大手企業や金融機関が、決済手段として暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の開発に参入していることも事実です。日本のメガバンクも独自の仮想通貨を発行し、決済手段として普及させることを目指しています。暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)は、今後決済手段としてますます広まっていく可能性があります。

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)について学ぶための方法

リスクを回避しながら、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)に投資するためには、知識を身につけることが大切です。また、価格変動に対応するためにも、最新情報は常にチェックしておきたいものです。暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)について学ぶためには、どのような方法があるのでしょうか。

本で学ぶ

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の基本的な仕組みを学ぶなら、本がおすすめです。暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)関連の本は、数多く出回っています。ブロックチェーンやマイニング、取引方法をひと通り学ぶことができるでしょう。さらに、トレードで稼ぐための方法を学ぶには、チャートの見方やテクニカル分析について書かれた本もあります。実際に暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)で多額の利益を上げた人から、取引のノウハウやコツを学ぶことができます。

インターネット上の情報をチェックする

基本的なことは本でも学べますが、日々の価格変動を予測するためには、インターネット上の情報サイトやブログ、SNSなどで最新の情報に触れることも必要です。また、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の公式サイトやコミュニティーサイトでは、イベントやアップデート、ハードフォークなどの情報も入手することができます。このような情報は価格にも影響するため、いち早くチェックしておきましょう。

少額で取引してみる

本やインターネットで基本的な仕組みや取引方法を学んだら、実際に取引をしてみることも大事です。とは言え、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)は価格変動が激しいため、最初は少額から始めてみることをおすすめします。取引所での口座開設や暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の売買、送金などを実際に経験することで、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)に対する理解が深まります。経験を通して、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)の仕組みや価格変動などを学びましょう。

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)についての知識を深めてから投資しよう!

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)取引には、リスク管理が大事です。想定されるリスクを把握し、あらかじめ回避するための対策を取っておく必要があります。また、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)で資産を増やすためには、知識を身につけることが大切です。本やインターネット上の情報サイトなどで学び、リスクを回避しながら投資で利益を狙いましょう。

 

参考: