暗号通貨(仮想通貨)の種類を系統別に紹介!将来性が見込める銘柄は?

暗号通貨トピックス

暗号通貨(仮想通貨)はビットコインからスタートし、そのブロックチェーンの仕組みを利用して、さまざまな通貨が誕生しました。また、ビットコインの問題点を改良し、より優れた暗号通貨(仮想通貨)も開発されています。2018年現在、暗号通貨(仮想通貨)は2000種類以上存在するともいわれています。今回は、暗号通貨(仮想通貨)を系統別に紹介し、現在実用化されているものや、今後の実用化が期待できる銘柄に注目してみます。

暗号通貨(仮想通貨)の種類

暗号通貨(仮想通貨)には、ビットコインをベースに開発されたものや、まったく違った機能を持つものも存在します。

決済用として開発された暗号通貨(仮想通貨)

ビットコインは、ネット上での決済用として開発された暗号通貨(仮想通貨)です。取引を記録するための技術として、ブロックチェーンという仕組みが使われています。この技術により、ビットコインはオープンソースで、世界中の人が決済の承認作業に関われるようになっているのです。また、ビットコインをさらに進化させた決済用暗号通貨(仮想通貨)として、ビットコインキャッシュやモナコインなどがあります。

スマートコントラクト機能を持つ暗号通貨(仮想通貨)

決済だけでなく、スマートコントラクト機能を持つ暗号通貨(仮想通貨)も開発されました。スマートコントラクトとは、契約情報を書き込める機能のことです。代表的な暗号通貨(仮想通貨)としてイーサリアムやNEMなどがあります。スマートコントラクト機能を持つ暗号通貨(仮想通貨)は、送金と同時に契約のやり取りが可能です。そのため、今後ビジネスの場で使われる機会が多くなると考えられています。

国際送金の利便性向上を目指す暗号通貨(仮想通貨)

2018年現在、国際送金には多くの時間と高額な手数料が必要です。リップルやステラは、国際送金の問題点を解決するために開発されました。これらの暗号通貨(仮想通貨)は、法定通貨を国際間でやり取りする際のブリッジ通貨としての役割があります。これらの暗号通貨(仮想通貨)を活用すれば、将来、国際送金をよりスピーディーに、安価な手数料で行うことが可能となるでしょう。

自由な資産運用・資産保全と送金・決済の利便性を備えた暗号通貨(仮想通貨)

フュージョンコインは、暗号通貨(仮想通貨)全体の普及を考えて開発されました。リップルのプロトコルをもとに作られた中央集権型の暗号通貨(仮想通貨)です。法定通貨と暗号通貨(仮想通貨)を融合することで、送金と決済の利便性向上を目指しています。ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップルなどのフュージョンコイン以外の暗号通貨(仮想通貨)同士の取引や、各暗号通貨(仮想通貨)とドル、ユーロ、円などの法定通貨との取引だけでなく、金・銀などの現物資産との取引も可能とし、自由な資産運用・資産保全ができる環境整備を進めています。

時価総額上位の代表的な暗号通貨(仮想通貨)

時価総額上位の暗号通貨(仮想通貨)は流動性が高く、取引しやすい銘柄です。ここでは、代表的なものを紹介します。

ビットコイン

ビットコインは暗号通貨(仮想通貨)の王様とも呼ばれ、2018年7月現在の時価総額は14兆以上です。これは、時価総額2位のイーサリアムを大きく引き離しています。しかし、ビットコインのシェアは徐々に縮小し、他の暗号通貨(仮想通貨)に資金が分散しているのが現状です。今後は、ビットコイン以外の暗号通貨(仮想通貨)にも大きな注目が集まるでしょう。

イーサリアム

イーサリアムは、スマートコントラクト機能が評価され、2018年1月には時価総額が15兆円を超えました。2018年7月現在は時価総額5兆円前後で推移しています。イーサリアムをビジネスに利用しようという動きも見られ、マイクロソフトやJPモルガンなどの有名企業が提携しています。今後、イーサリアムが普及すれば、暗号通貨(仮想通貨)としての価値はますます高まるでしょう。

リップル

リップルは2018年7月現在、時価総額3位となっています。リップルは送金システムとして注目され、世界中の銀行や国際企業との提携が進められています。将来的には国際間での送金業務、異なる決済ネットワーク間での仲介業務に活用される見込みです。今後の普及が期待されることから、仲介通貨であるXRPの価値が上昇すると見られています。

将来性が期待される暗号通貨(仮想通貨)

機能性が高く、実用化の見込みがある暗号通貨(仮想通貨)もいくつか存在します。将来的に値上がりが期待できるため、投資対象としても魅力的でしょう。

フュージョンコイン

フュージョンコインは、法定通貨や他の暗号通貨(仮想通貨)、現物資産等との交換をスピーディーに行うことを目的として作られた暗号通貨(仮想通貨)です。また、新しい資産運用の形として、フュージョンコインを保有することもできます。今後はマーケットが拡大し、ユーザー間での取引が活発化すれば、暗号通貨(仮想通貨)としての価値上昇が期待できるでしょう。送金や決済手段としての利便性、資産としての将来性が期待できる暗号通貨(仮想通貨)です。

スカイコイン

スカイコインはマイナーなコインのひとつですが、ビットコインやイーサリアムの進化版として注目されている暗号通貨(仮想通貨)です。オベリスクというシステムを使い、マイニングの必要がない暗号通貨(仮想通貨)として開発されました。このシステムにより、権力が特定の人に集中することを避け、完全な非中央集権型の暗号通貨(仮想通貨)となるのです。マイニングによる手間や膨大な電力も必要としないため、送金手数料を安く抑えることができます。

将来的に普及する可能性がある銘柄に投資しよう!

暗号通貨(仮想通貨)は開発の目的や機能によって、いくつかの系統に分けられます。そのなかで、将来的に普及する可能性のある銘柄に注目し、取引することが利益を上げるポイントです。暗号通貨(仮想通貨)に投資をする際は、人気があるという理由だけでなく、どのような機能があるのか、将来性は見込めるのか考えたうえで投資しましょう。

 

参考: