暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の発行量とは?法定通貨と異なる通貨の発行

暗号通貨を知る

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)は、発行量の上限が定められています。法定通貨の発行量や発行の時期はそれぞれの国が定めますが、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の発行はマイニングによって行われます。ここでは、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)ではなぜ発行量が定められているのか、また法定通貨と異なる点について解説します。


発行量とは

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の発行量とはどのようなものなのか見ていきましょう。

発行量について

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の発行量とは、現在発行されている暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の総量のことです。
ビットコインの発行量というように特定のコイン名をつけると、そのコインの現在の発行量を示します。イーサリアムの発行量、フュージョンコインの発行量といえば、それぞれのコインの現在の発行量を示しているのです。


法定通貨との違いは発行量にもある

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)と法定通貨の違いは多々ありますが、通貨の発行方法や発行量も異なります。法定通貨は、政府や中央銀行が発行量を調整し、通貨の価値が下がりすぎないように管理しています。一方、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)には中央機関が存在しないため、それぞれのコインの発行量を調整することはできません。


そのかわり、あらかじめ発行上限を定めることで、通貨の価値が下がりすぎることを防いでいるコインも多くあります。ビットコインはその代表といえるでしょう。
通貨の価値が下がりすぎるインフレ、極端に下がるハイパーインフレを起こした国も複数あります。法定通貨には発行上限や発行量に制限がないため、経済状況によっては発行しすぎて通貨の価値が下がり、このような状況を引き起こしてしまうのです。買い物をするたびに大量の紙幣を持たなければならなくなった国も実際にありました。
あらかじめ発行量の上限が決められている暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)であれば、発行しすぎて通貨の価値が下がる心配をする必要はありません。


発行の方法について

法定通貨の場合は、中央銀行が新規紙幣を発行します。暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の場合、新規コインの発行はマイニングの報酬として行われます。また、コインによっては、はじめにすべてのコインが発行され、徐々に減少していくものもあります。

発行上限はコインによって異なる

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)では発行上限のあるコインが多いと前述しましたが、上限枚数はコインによって変わります。代表的なコインでいうと、ビットコインの上限は2,100万枚です。マイニングによって新規コインが発行されるビットコインは、2140年ごろに上限の2,100万枚に到達するといわれています。


一方で、イーサリアムには発行上限が定められていません。イーサリアムもビットコインと同様、マイニングによって新規コインが発行されます。上限が定められていない状況が今後も続いていくのであれば、永遠にコインが発行されることになるのです。ただし、イーサリアムに関してはインフレを抑制するために、今後上限が設定される可能性もあります。また、発行上限がないといっても、新規コインの発行はマイニングで行われるため、法定通貨のように極端に紙幣を発行したために価値が急落するという心配はありません。


発行上限について特徴的なのはリップルです。リップルの発行上限枚数は1,000億枚で、すでに上限分のコインが発行されています。リップルが発行上限枚数を発行しきっているのは、マイニングによって新規コインが発行されないためです。しかしこれでは、前述した通貨の価値の低下をまぬがれないのでは? と誰もが考えるでしょう。ところがリップルでは、送金に必要な手数料分のコインが送金のたびに破棄されるのです。コインが使用されるごとに枚数が減少していくため、需要と供給の関係から価値が保たれると考えられます。


ビットコインとリップルの特徴を備え持つフュージョンコインの場合、上限は3,000万枚です。フュージョンコインは、日本人も役員を務めるフュージョンパートナーズ社が発行しているコインで、公式マッチングサイトから購入できます。今後は、キャッシュレス決済やモバイルバンキングサービスも提供される予定です。


ビットコインキャッシュは、ビットコインから分岐したもので、上限はビットコインと同様2,100万枚です。発行上限が少ないもので取引量が多いコインには、オーガーの1,100万枚、ダッシュの1,890万枚などがあります。発行上限が多いコインのなかには、3,000兆枚に近いものもあります。


発行枚数と価格の関係性

前述のとおり、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の発行枚数は、コインの価格に影響します。発行枚数は、具体的にどのように価格と関係するのでしょうか。くわしくみていきましょう。

価値が高くなる枚数、低くなる枚数

発行枚数が少ないコインは、将来的に希少価値が高くなる可能性があります。流通している枚数よりも需要が高くなれば、その分価値も上昇するでしょう。ビットコインのように多くの人が売買を行うコインは、需要の高さに反比例し、発行上限枚数が少なめであることから、今後も価値は上がると考えられます。万一、価値が上がらなかった場合でも、価値がまったく失われることはないはずです。


この希少性と価格の関係は、金や天然のダイヤモンドを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。発掘できる量が限られているのにもかかわらず、世界中の人がほしがる金や天然ダイヤモンドは、価値が下がらないどころか上昇する可能性もあります。
しかしこれが、人工ダイヤモンドやプラスチックのように、容易に大量生産ができるとしたらどうなるでしょう。需要が出たとわかった途端に供給量を増やせば、需要よりも供給が上回り、価値は上昇しません。


暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)でいうと、リップルははじめから供給量が多いため、常時価格は1XRPあたり数十円から数百円で推移しています。このことから、発行枚数と需要と供給の関係は、金や天然ダイヤモンドと同様に価格に影響することがわかります。

取引しているコインの発行上限枚数を調べよう

総合すると、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の取引を行ううえで、自分が取引をしているコインの発行上限枚数を知ることはとても大切であるといえます。発行上限枚数が多いコインは、長期間価格が上がらず、価値の低い状態で推移していく可能性が高いでしょう。とはいえ、価値の低いコインは購入する意味がないかといえばそうではありません。
価格の低いコインは入手しやすく、小額から暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)取引を行いたい人におすすめです。将来価値が上昇した時点で売却すれば利益を得られます。


また、発行上限枚数が少なく、価値が上昇しそうなコインを見つけたら、価格が安いうちに購入しておくことをおすすめします。将来価格が上昇したときに売却することで、大きな利益を得られる可能性があります。
すでに価格が上昇しているコインを購入するときには、万一価格が下落した際に損失額が大きくなってしまう点に注意が必要です。コインの発行上限枚数と将来性を調べ、現在の価格が思っていたよりも低いコインがあれば、それは掘り出し物のコインかもしれません。
暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を購入する前に、購入したいコインの発行上限枚数を調べてみましょう。


それぞれの発行量を知ることも大切

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の発行量について解説しました。世界中にはさまざまな種類のコインがありますが、それぞれに特徴があり発行上限も異なります。なかには発行上限が設けられていないコインや、すでに発行上限に達しているコインもあります。コインごとの発行上限を知ることは、長期的な投資に役立つでしょう。投資したいコインを見つけたら発行上限についても調べてみること、の重要性を意識しておきましょう。

 


参考:

 発行量とは|Liquid

 仮想通貨の発行枚数と価格の関係?発行枚数上限を比較!|仮想通貨部

 仮想通貨時価総額上位100CoinMarketCap

 フィンテック時代の先駆者となり得る、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)と法定通貨のハイブリッド銀行「FUSION BANK(フュージョンバンク)」|NEW MONEY