多方面で活用が期待されるDapps(分散型アプリ)とは?課題や活用事例を紹介!

暗号通貨を知る

暗号通貨(仮想通貨)の発行や取引記録に利用されているブロックチェーン技術。この仕組みを利用したアプリケーションの開発が進められていることをご存じでしょうか。ブロックチェーンを利用して作られたアプリケーションのことをDapps(分散型アプリ)といいます。Dapps(分散型アプリ)は、透明性の高い非中央主権型のアプリケーションとして、将来性が期待されているのです。この記事では、Dapps(分散型アプリ)とはどのようなものなのか、課題や活用事例を紹介します。

Dapps(分散型アプリ)とは何か

ブロックチェーンといえば、ビットコインの取引記録に使われる技術のことです。この技術のメリットは、膨大なデータを分散して管理できることです。ブロックチェーンの特性を利用して開発が進められている非中央集権型のアプリケーションのことをDapps(分散型アプリ)といいます。Dapps(分散型アプリ)とは、どのようなものなのでしょうか。

非中央集権型・分散型アプリケーション

Dapps(Decentralized Applications)とは、ブロックチェーン技術を使った非中央集権型・分散型アプリケーションのことで、ビットコインもDapps(分散型アプリ)のひとつとされます。ブロックチェーンは暗号通貨(仮想通貨)だけでなく、それ以外の分野でも応用が期待されているのです。

Dapps(分散型アプリ)の活用には、スマートコントラクトと呼ばれる機能も必要となります。スマートコントラクトはイーサリアムにも使われている機能で、送金と同時に契約内容を書き込めるという技術です。そのため、Dapps(分散型アプリ)は、イーサリアムをもとに開発されることが多くなっています。ブロックチェーンとスマートコントラクトを活用することで、管理者不要のアプリケーションが実現する可能性があるのです。

Dapps(分散型アプリ)の定義

Dapps(分散型アプリ)には、4つの定義があります。定義の内容を大まかに説明すると、次のようになります。

  • アプリケーションが完全にオープンソースであること
  • アプリケーションのデータや記録は、非中央集権的なブロックチェーンを用いて暗号化されたうえで公開されること
  • アプリケーションは暗号化トークンにより利用、報酬の支払いが行われること
  • ノード(※)がアプリケーションに貢献していることを示すものとして、標準的な暗号アルゴリズムに従ってトークンを生成すること

(※)ノードとは、ネットワークに参加しているコンピューター端末のことです。

これら4つの定義に当てはまるアプリケーションが、Dapps(分散型アプリ)と呼ばれるものです。Dapps(分散型アプリ)は、中央管理者が存在していなくても、アプリケーションとして機能することができます。

Dapps(分散型アプリ)のメリット

Dapps(分散型アプリ)は非中央集権型なので、不特定多数の人によって運営されています。そのため、権利や利用料を中間搾取する人や組織が存在しません。管理者がいないため、完全に中立で自由なサービスの提供が可能です。つまり、ユーザーは管理者の利益のためではなく、自分たちの利益のためにサービスを利用することができるのです。

また、取引内容に不正がないか、ユーザー同士で監視できることもメリットです。ブロックチェーンに記録された情報はユーザーに共有されます。もし取引内容に不正があれば、すぐに誰かが気付くはずです。データはひとつの場所で管理されているわけではないので、データを盗んだり改ざんしたりすることも難しいでしょう。つまり、Dapps(分散型アプリ)は、非常に透明性の高いアプリケーションなのです。

Dapps(分散型アプリ)の課題

Dapps(分散型アプリ)が普及するためには、改善すべき課題があることも事実です。ここでは、特に重要な課題を挙げます。

スマートコントラクトの処理速度

現状ではスマートコントラクトの処理速度は、ノードによって違いがあります。ブロックチェーン上の取引は、ネットワークに無数に接続されたノードで処理されます。それぞれのノードは処理能力が異なるため、能力の低いノードが処理速度を下げてしまうことがあります。

スマートコントラクトの処理件数が多くなると、処理能力の低いノードは処理に追い付かなくなります。その結果、ネットワーク全体で、取引処理に時間がかかってしまうことが課題です。この問題を解決するためには、何らかの対策が求められます。

手数料の高騰

イーサリアムでは取引処理をするためにガス(gas)と呼ばれる手数料が必要です。取引件数が多くなると手数料が値上がりし、ユーザーの取引に支障が出てきます。実際に、イーサリアムの手数料は過去に何度か高騰したことがあり、一時は日本円で4,000円近くまで上がりました。ここまで上昇してしまうと、送金するだけでも多くの手数料がかかることになります。

複雑なスマートコントラクトの処理には、さらに多くの手数料が必要です。手数料の高騰は、ユーザーにとって大きな負担となります。そのため、取引件数が多くなっても手数料が上がらない仕組みが必要です。

セキュリティー対策

セキュリティー対策も、Dapps(分散型アプリ)の課題のひとつです。Dapps(分散型アプリ)にシステム上の設計ミスがあると、取引情報の安全性を確認できない状態になります。このような不具合により、不正な取引が行われる可能性があるのです。また、ハッキングにより大きな損害が出る可能性もあります。設計ミスは修正が難しいため、事前に何度も検証する必要があるでしょう。

代表的なDapps(分散型アプリ)の例

Dapps(分散型アプリ)は、すでにさまざまなサービスに活用されています。ここでは、代表的なDapps(分散型アプリ)の活用事例を挙げます。

分散型取引所

Dapps(分散型アプリ)を利用することで非中央集権型の取引所が実現します。通常の取引所と違い、ハッキングや内部不正のリスクを防ぐことができるのがメリットです。分散型取引所としては、0x(ゼロエックス)やBancor(バンコール)、Kyber Network(カイバーネットワーク)などがあります。

分散型取引所は通常の中央集権型の取引所と同じように、暗号通貨(仮想通貨)を売買することが可能です。売買履歴はブロックチェーンに記録され、改ざんすることができません。また、参加するすべてのノードが取引履歴を管理しているため、ハッキングされても取引履歴が消えることはないでしょう。透明性が高く、安定した取引所と言えます。

ゲーム

Dapps(分散型アプリ)を使うことで、透明性の高い非中央集権型のゲームを構築することも可能です。例えば、ギャンブルのような賭け事をするゲームや、希少性の高いキャラクターを育て売買するゲームなどがすでに登場しています。例として、vDice(ブイダイス)、CryptoKitties(クリプトキティーズ)、ETH.TOWN(イーサタウン)などがあります。

CryptoKittiesはイーサリアムを基盤にして構築されたゲームです。デジタルで作られた猫を集めたり育てたりして、売買することができます。過去には、1,000万円以上で取引された猫も登場しました。ゲーム内での売買はトークンで取引可能です。このように、Dapps(分散型アプリ)ならではのゲームが今後も増える可能性があります。

予測市場

予測市場とは株価やスポーツの勝敗など未来の出来事を予測し、賭けをすることを目的として提供されるサービスです。Dapps(分散型アプリ)なら透明性の高い予測市場が実現できます。ただし、予測市場を機能させるためには、ネットワーク外部の、株価やスポーツの勝敗の正しいデータが必要です。

外部のデータをブロックチェーンに提供するためには、オラクル(Oracle)というシステムが必要となります。このシステムで提供された外部のデータとスマートコントラクトを利用し、予測市場のサービスを提供します。予測市場の例は、Gnosis、Augur、Byteballなどです。

Dapps(分散型アプリ)で透明性の高いサービスを実現!

Dapps(分散型アプリ)は、透明性が高いサービスを提供するために、将来性が期待されています。すでにDapps(分散型アプリ)を活用した取引所やゲーム、予測市場も登場しています。処理速度や手数料の高騰、セキュリティー問題など課題はあるものの、今後さまざまな分野で活用される可能性を秘めているのです。

 

参考: