非中央集権型取引所で暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)取引をするメリットと注意点

暗号通貨を知る

もともとビットコインは非中央集権型で、中央管理者がいなくても取引が可能です。中央機関に頼らないことで、権力の集中や内部不正を防止することができます。しかし、実際に法定通貨を暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)に交換するためには、特定の企業が運営している中央集権型取引所で取引することが一般的です。一方で、非中央集権型の取引所も存在します。中央集権型と非中央集権型の違いとは、どのようなものなのでしょうか。また、非中央集権型取引所で取引するメリットと注意点も解説します。

中央集権型取引所と非中央集権型取引所の違い

暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)は取引所で売買することができます。取引所には中央集権型取引所と非中央集権型取引所がありますが、2018年現在は中央集権型取引所が主流です。それぞれの取引所の違いは、どのようなものなのでしょうか。

中央集権型取引所とは

特定の企業が運営している取引所で、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)を取引する場所として主流になっています。国内ではbitFlyerやZaif、海外ではBinanceやBitMEXなどが大手取引所として有名です。それぞれの取引所には運営会社があり、取り扱い通貨や手数料も会社ごとに決められています。法定通貨を口座へ入金し、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)と交換することができます。また、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)同士の交換も可能です。ユーザーにとっては、利便性の高いサービスとなっています。

非中央集権型取引所とは

非中央集権型取引所とはDapps(分散型アプリ)の一種で、管理者不在の分散型取引所のことです。また、分散型取引所(Decentralized Exchanges)の略称としてDEXとも呼ばれます。Dapps(分散型アプリ)を利用することで、特定の管理者がいなくても不特定多数のユーザーにより管理、運営されています。中央集権型取引所とは違い、特定の会社が運営している取引所ではありません。そのため、非中央集権型取引所には、中央管理者がいないことによるメリットがあります。一方で、利用上の課題も多く、今後の改善が期待されます。

非中央集権型取引所のメリット

中央管理者がいないことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、非中央集権型取引所のメリットを紹介します。

ハッキングや内部不正のリスクが少ない

中央集権型取引所で暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)を購入した場合、そのまま取引所のウォレットで管理することが多いでしょう。つまり、中央集権型取引所のウォレットは自分で秘密鍵を管理するのではなく、管理を取引所に託していることになります。中央集権型取引所では顧客からの預かり資産を一括管理しているため、多額の資金が集まります。そのため、ハッキングや内部不正の被害に遭いやすいのです。
一方で、非中央集権型取引所では、秘密鍵を自分で管理します。そのため、ハッキングや内部不正の被害に遭うリスクは少ないと言えるでしょう。

取引停止のリスクを回避できる

中央集権型取引所では、取引所の都合で入出金が制限されることがあります。サーバーがダウンして一時的に取引ができないという事態もたびたび起こっています。暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)は価格変動が激しいため、短時間でも取引できない状態になると損失を被る恐れがあります。しかし、非中央集権型取引所では、入出金制限やサーバーダウンによる取引停止の心配がありません。24時間365日利用できるため、取引の機会を逃すことがないでしょう。

本人確認の必要がない

中央集権型取引所では、本人確認が必須となっています。口座開設するためには、身分証明書を提示しなければなりません。そのため、口座開設の手続きに1週間程度かかります。また、身分証明書を提示することで、匿名性が失われるという欠点もあります。一方で、非中央集権型取引所では本人確認の必要がなく、匿名で暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)を取引することが可能です。

非中央集権型取引所を利用する場合の注意点

非中央集権型取引所には、課題も多く残されています。非中央集権型取引所で取引をするなら、事前に注意点を確認しておくことが大切です。

取引が成立するまでに時間がかかる

非中央集権型取引所は、そもそも利用者が少ないため、取引が成立するまでに時間がかかるという欠点があります。暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)を購入したくても、売ってくれる人がいなければ購入できません。また、売りたくても買ってくれる人が見つからなければ売れないのです。利用者が少ないと、売買が成立するまでに時間がかかってしまいます。大手の中央集権型取引所なら利用者が多く、取引が成立しやすいでしょう。

秘密鍵を自分で管理する必要がある

中央集権型取引所のウォレットを利用する場合、秘密鍵は取引所で管理されています。一方、非中央集権型取引所の場合は、購入した暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)を自分のウォレットで管理します。つまり、秘密鍵は自分で管理するということです。秘密鍵を自分で管理することで、ハッキングや内部不正のリスクは少なくなります。しかし、万が一秘密鍵を紛失した場合、暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)を失うというリスクがあります。秘密鍵の管理はすべて自己責任となり、紛失した場合は一切保証されません。

法定通貨による取引ができないことが多い

非中央集権型取引所では、法定通貨を扱っている取引所が少ないのが現状です。そのため、非中央集権型取引所で取引するためには、事前に取り扱っている暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)を入手する必要があります。法定通貨を暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)に交換するためには、中央集権型取引所を利用するのが一般的です。そのため、2018年時点では非中央集権型取引所だけで暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)取引をすることは難しく、今後の対応が期待されます。

基軸通貨が限定されている

非中央集権型取引所では、基軸通貨が取引所のプラットフォーム上の通貨、または取引所独自の通貨に限定されています。例えば、イーサリアムのプラットフォームを利用して開設された取引所では、イーサリアムが基軸通貨です。イーサリアムでアルトコインやトークンを売買することになります。しかし、中央集権型取引所で主流となっているビットコインとイーサリアムのペアで取引することはほとんどの場合できません。

代表的な非中央集権型取引所

実際に稼働している非中央集権型取引所には、どのような取引所があるのでしょうか。ここでは、代表的な非中央集権型取引所を紹介します。

EtherDelta

イーサリアム上で稼働している分散型取引所で、イーサリアムが基軸通貨となります。イーサリアムでトークンを購入したり、トークン同士で取引したりすることが可能です。ICOが行われたばかりのイーサリアムトークンを購入することもできます。一方で、ビットコインやリップルなどの主要な暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)は取り扱っていません。あくまでもイーサリアムのプラットフォーム上で作られたトークンを取引したい場合に向いています。

OpenLedger

ビットシェアーズ(bitshares)上で稼働している世界初の分散型取引所。暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)だけでなく、さまざまな金融商品や法定通貨を管理者不在で取引する金融プラットフォームを目指しています。ビットシェアーズは金融プラットフォームのことで、OpenLedgerはビットシェアーズの機能を利用して運営されている取引所です。もともと、デンマークの取引所CCEDXとビットシェアーズにより共同開発され、分散型取引所のなかでも信頼性が高いと言われています。

Kyber Network

販売所形式の分散型取引所で、中央集権型取引所の販売所のように気軽に暗号通貨(仮想通貨 暗号資産)を取引することができます。販売所形式なので、あらかじめ決められた価格で購入できるのが特徴です。販売所は買値と売値の価格差であるスプレッドが広いため、取引所形式よりも利益が得にくくなります。とはいえ、Kyber Networkは中央集権型取引所の販売所よりスプレッド幅が狭いため、販売所形式で利益を出したい人に適しています。

非中央集権型取引所の将来に期待!

中央集権型と非中央集権型の違いは、中央管理者が存在するかしないかという点です。中央管理者が存在しない非中央集権型取引所とは、Dapps(分散型アプリ)を利用した分散型取引所のことです。ハッキングや内部不正のリスクを下げるといったメリットがあります。一方で、取引成立までに時間がかかったり、法定通貨で取引できなかったりすることもあり、今後の改善が期待されます。非中央集権型取引所で取引する際には、注意点を理解したうえで利用しましょう。

 

参考: