フォージングで報酬を得るには?PoSの仕組みやPoWとの違いを解説

暗号通貨を知る

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)のマイニングで報酬を得るには、高性能なパソコンやマイニング専用のマシンが必要となります。電気代も一般のパソコンと比べるとかなりかかるため、初期投資や経費を考慮すると、個人で利益を出すのは難しいのが実情です。しかし、PoSという承認方法を採用している暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)なら、個人でも報酬を得られる可能性があります。PoSにおけるマイニングはフォージングと呼ばれ、コインの保有量に応じて報酬を受け取ることができるのが特徴です。フォージングの仕組みや報酬を得る方法を解説します。

フォージングの仕組みとそのメリット・デメリット

フォージングとは、一部の暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)で行われている承認作業のことをいいます。フォージングではどのような仕組みで承認作業が行われるのでしょうか。ここでは、マイニングとの違いを明確にし、仕組みやメリット、デメリットを解説します。

PoSPoWの違い

PoSPoWは、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を承認する方法のことです。PoWが計算処理の速さで報酬を受け取れる仕組みであるのに対し、PoSは保有するコインの量や保有期間で報酬が決まる仕組みです。そのためPoSでは、高度な計算処理をするための高性能なパソコンは必要ありません。PoSは、一部の暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)で採用されています。PoWにおける承認作業は「マイニング」といいますが、PoSにおける承認作業は「フォージング」といわれています。

フォージングの仕組み

フォージングでは、マイニングのように承認の速さを競う必要がないので、誰でも承認者になれる可能性があります。ただし、PoSのアルゴリズムは暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)によって異なります。それぞれのPoSの仕組みによって、承認者の決め方が変わってくるのです。フォージングを行う暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)には、主に以下のような仕組みがあります。

 保有量を賭け金として取引承認する

 保有量と保有期間を掛け合わせることで、ブロック生成の難易度が決まる

 ランダムに取引承認する人が決まる

フォージングで承認を行う主な暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)

フォージングで承認作業を行う暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の種類は、それほど多くはありません。ここでは、3種類の暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を取り上げます。

 リスク(LSK

リスクではDPoSという承認方法を採用しています。DPoSとは、リスクを保有するユーザー同士で承認者を投票で決める方法です。承認者は最大で101名選ばれます。代表となった承認者が、承認作業にあたる仕組みです。承認者になると、承認作業を行うたびに報酬を受け取ることができます。代表に選ばれるためには、できるだけ多くのコインを保有することが重要です。リスクは20195月時点で、1LSK180230円で取引されています。

 ネクスト(NXT

PoSによる承認方法を採用しており、フォージングにより承認作業が行われます。保有量が多いほど承認者に選ばれる可能性が高く、報酬を得やすくなります。ただし、日本の仮想通貨交換業者では取り扱われていないため、購入するには海外の取引所に口座を開設する必要があります。20195月時点では、1NXT3円台($0.03374397)で取引されています。

 ブラックコイン(BLK

PoSを改良したコンセンサスアルゴリズム「PoS3.0Proof of Stake 3.0)」を採用しています。従来のPoSと同じように保有量によって承認者を決定しています。さらにPoS3.0は、ブラックコインをネットワーク上のウォレットに保管しているだけで利子が付く仕組みです。年間で18%程度の利子が付くといわれています。ブラックコインも日本の仮想通貨交換業者では扱われておらず、海外の取引所での取引となります。20195月時点では、1BLK515円($0.050.14)で取引されています。

フォージングのメリットとデメリット

フォージングのメリットは、承認作業に必要な電力消費が少ないことです。マイニングでは、高性能なパソコンを長時間稼働させておく必要があるため、電力消費が多いことが課題でした。つまりマイニングによる承認作業には、電気代や高性能なパソコンの購入代などのコストがかかります。一方、フォージングは保有量に応じて承認者が決まる仕組みです。そのため、新たに設備を用意したり、高性能のパソコンを準備したりする必要がありません。コインの保有量が多ければ報酬を得る機会が増え、また報酬も多くなります。

ただし、フォージングでは一定額以上のコインを保有していなければ参加できないことがデメリットといえます。承認者に選ばれるには、多額の資金が必要となるのです。しかし、承認者になるために一度多額のコインを保有してしまうと、コインを手放さなくなる人が多いため、流動性が損なわれてしまうというデメリットにもつながっています。この現象が極端に進んだ場合、流動性が低下し、取引が活発に行われない状態に陥ると、通貨としての役割を果たせなくなります。

フォージングによる報酬獲得の流れと報酬を得るための方法

実際にフォージングで報酬を得るには、どうすればよいのでしょうか。ここでは、フォージングで報酬を獲得するための流れを解説します。また、リスクを例にフォージングで報酬を得るための具体的な方法も紹介します。

フォージングによる報酬獲得の流れ

PoSを採用している暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)では、承認作業(フォージング)をする人を決めるために、投票(voting)が行われます。コインの保有者は、保有量に応じてフォージング、または投票に参加が可能です。投票で選ばれたユーザーは、承認者としてフォージングをする権利が与えられます。投票で選ばれるためには、多額のコインを保有することとコミュニティ力、知識などが必要です。承認者に選ばれたユーザーは、フォージングに参加できるようになります。フォージングに参加して報酬が得られるようになると、高いリターンが期待できます。

フォージングで報酬を得るための方法

フォージングの仕組みは、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の種類によっても異なります。ここではリスクを例にフォージングする方法を紹介しましょう。

リスクでフォージングに参加するには、投票で上位101人のフォージング委託者に選ばれる必要があります。ただし、誰でも立候補できるわけではありません。立候補するには、専用ウォレットへ30LSKを送金します。ノード名の登録には25LSKが必要です。保有量が多いほど順位が上がる仕組みで、フォージング委託者に選ばれるためには、1,0003,000LSK程度の保有量が目安となります。1LSK200円の場合、20万~60万円の資金が必要です。

また、投票者にはフォージングで得た報酬を分配することになるので、報酬分配や最低払い出し量を設定しなければなりません。分配する報酬が多く、最低払い出し量が小さいほど、投票が集まりやすくなります。自分の報酬を確保しつつ投票を得るには、分配する報酬とのバランスが重要です。

フォージングではなくvoting(投票)して報酬を受け取る方法

リスクの場合、フォージングではなく投票で報酬を得ることもできます。上述のとおり、投票するとフォージング委託者から分配報酬を得られる仕組みだからです。ここでは、投票に参加して報酬を受け取る方法を紹介します。

voting(投票)とは

リスクでは、フォージングする101人を投票で決めるのが特徴です。このように、投票に参加することをvotingといいます。1回の投票には1LSKかかり33人まで投票できます。投票できる最大人数の101人に投票したい場合は4回分のLSK、つまり4LSKが必要になります。しかし、フォージング委託者に立候補するよりは少ない資金で参加が可能です。投票で選ばれた人がフォージングで報酬を得ると、投票した人には分配報酬が支払われます。リスクでは、投票に参加するだけでも、報酬の獲得が期待できるのです。

voting(投票)で報酬を得るための方法

リスクで投票に参加するためには、リスクを保有することが前提条件です。さらに、「Lisk Nano Wallet」という公式ウォレットへリスクを送金することで、保有していることが認められます。仮想通貨交換業者のウォレットやハードウェアウォレットなど、ほかのウォレットでは投票に参加できません。「Lisk Nano Wallet」はリスクの公式サイトからダウンロードできます。なお、リスクは公式ウォレットとしてLisk Hubを提供しています。Lisk Nano Walletは旧型の公式ウォレットですので、今後ウォレットを作ろうと思うのであれば、Lisk Hubを選択しましょう。

投票は公式ウォレット内で行います。分配される報酬額や最低払い出し量などを基準に投票しましょう。できるだけ多い人数に投票することで、多くの報酬を得ることができます。

PoSにおけるフォージングの仕組みを理解して報酬をもらおう!

PoSを採用している代表的な暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)のリスクでは、フォージングで報酬を得ることができます。しかし、実際にフォージングの権利を獲得するには、豊富な資金力が必要です。一方、フォージング参加者に投票して分配報酬を受け取るvoting(投票)なら、少ない資金でも報酬が受け取れる可能性があります。自分で承認作業を行わずに報酬を受け取れることがメリットです。PoSを採用している暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)では、取引で利益を得るだけでなく、フォージングやvoting(投票)で報酬獲得を狙うこともできます。

参考:

 PoS(プルーフオブステーク)とは?定義・仕組み・PoWとの違い|coinge

 仮想通貨のPoSとは?仕組みからPoWとの違いやデメリットについて解説|coinchek

 LISK(リスク)のフォージング(鋳造)について解説!フォージングは儲かる?方法は?報酬は?|Coinwall