ハードフォークとソフトフォークの違いを徹底解説!

暗号通貨を知る

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の用語でたびたび目にするハードフォークとソフトフォーク、その違いをご存じでしょうか。どちらも暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)には欠かせないものですが、このふたつには明確な違いがあり、異なるメリットとデメリットを持っています。ハードフォークとソフトフォークの違いについて解説します。

ハードフォーク・ソフトフォークとは

ハードフォークとソフトフォークは、どちらもブロックチェーンのアップデートを意味します。ただし、アップデートを行うためのプロセスや、アップデート後の対応に違いがあります。はじめに、それぞれどのようにしてアップデートを行うのか、その特徴を見ていきましょう。

ハードフォークとは

ハードフォークとソフトフォーク、それぞれに入るフォークという言葉は、分岐という意味を持ちます。ハードフォークによるアップデートでは、あるブロックを起点としてブロックチェーンが分岐します。分岐後、新しく生まれたブロックチェーンの検証規則を変更することで、ブロックチェーンがアップデートされます。


ハードフォークでは、分岐前と分岐後のブロックチェーンに互換性がないのが特徴です。古いブロックチェーンも新しいブロックチェーンとは別に存在し続けますが、互換性がないため、同じコインを利用することができません。ハードフォークによって新規コインが生まれるのは、このためです。


これまでのハードフォークで、新規コインが生まれた有名なケースで、ビットコインとビットコインキャッシュ、イーサリアムとイーサリアムクラシックがあります。


これらを例に考えるとわかりやすいでしょう。どちらのブロックチェーンもそれぞれ存在し、コインを取引するユーザーがいます。ただし、ハードフォークを行ったからといって、必ず新しいコインが生まれるわけではありません。新規コインの発行をともなわないハードフォークもあります。

ではなぜハードフォークが行われるのでしょう。ハードフォークは、ハッキングなどの不正への対応として行われる場合があります。例えば、イーサリアムクラシックが生まれることになったハードフォークが行われたのは、ハッキング事件が原因でした。ハッキングをなかったことにするためにハードフォークが実行されたのです。しかし、もともとイーサリアムは管理者による管理を行わないことを理想としていたため、ハードフォークを認めて分岐した流れ(イーサリアム)と、ハードフォークを認めない分岐以前の流れ(イーサリアムクラシック)に分かれることになりました。

ソフトフォークとは

一方、ソフトフォークでは、ブロックチェーンの分岐はあるものの、分裂前後のブロックチェーンには互換性があります。また、完全な分裂ではなく、一度分岐したブロックチェーンが元のブロックチェーンに吸収される形で収束していきます。


ソフトフォークでは、以前の機能や仕組みをそのままに、ブロックチェーンに新たな技術を取り入れるアップデートが行われます。ソフトフォークで有名なのが、ビットコインのSegwit(セグウィット)です。セグウィットとは、Segregated Witnessの略で、取引が増えたことによりデータの処理が追い付かなくなってしまう、いわゆるスケーラビリティ問題の解消のために行われたアップデートのことです。


セグウィットでは、ビットコインのブロックチェーンのサイズを変更することなく、データのサイズを小さくすることで、スケーラビリティ問題を解決しようとしました。しかし、この解決方法ではマイニングによる報酬が減るとして、マイナーから反発を受けてしまいます。結果、データを圧縮するのではなく、ブロックのサイズを大きくするハードフォークがセグウィットよりも先に行われ、ビットコインキャッシュが生まれました。


このように、ハードフォークとソフトフォークは、どちらもブロックチェーンにある問題を解決したり、新しい技術を導入したりする場合に行われます。

ハードフォークとソフトフォークそれぞれのメリット

ここからは、ハードフォークとソフトフォーク、それぞれのメリットについて解説します。

ハードフォークのメリット

ハードフォークのメリットは、主にふたつあります。

ブロックチェーンの性能が向上する

ハードフォークは、ブロックチェーンのアップデートのために行われるものです。そのため、ハードフォークを行った後は、これまでそのブロックチェーンが抱えていた問題を解決できる可能性があります。さらに、これまでになかった新しい機能が加えられることもあります。


これらは、その暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を利用する人にとってプラスになるものです。取引のあるコインのブロックチェーンがハードフォークを行う、という情報を手に入れたら、システムの変更点を確認しておきましょう。

新しいコインが付与される可能性がある

ハードフォークが行われると、多くの場合、新しいコインが生まれます。その場合、分岐前のコインを保有していた投資家へ、ブロックチェーンの分岐前に保有していたコインと同量の新しいコインが付与される場合があります。例えば、ビットコインを3BTC保有している状態でハードフォークが行われ、新規コインが発行されたとすると、新しいコインが3枚付与される可能性があるということです。


受け取ったコインが将来的に大きな価値を持てば、大きな利益を得られる可能性があります。実際に、前述したビットコインキャッシュやイーサリアムクラシックは、取引所に上場し大きな価値を付けています。ハードフォークでそれぞれのコインを受け取った人のなかには、大きな利益を得た人もいたことでしょう。しかし、新規コインの発行・付与はハードフォークのすべてのパターンで行われるわけではありません。

ハードフォークによって新しいコインが付与されるかどうかは、取引所の方針によって異なります。新規コインを受け取りたい場合には、ハードフォーク時に新規コインを付与すると発表した取引所にコインを預けておく必要があります。ただし、生まれたばかりのコインは無価値であることがほとんどです。

ソフトフォークのメリット

ソフトフォークのメリットは、コインの紛失リスクが低いことにあります。ハードフォークが行われる際には、新旧のブロックチェーンに互換性がないため、コインが消失するトラブルが発生するリスクを抱えています。ソフトフォークでは、ブロックチェーンが一度分裂しても、元のブロックチェーンに収束していくため、このようなリスクが低いというメリットがあります。


ソフトフォークによって、取引速度が改善されることもあります。これにより、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の取引がスムーズに行われるようになれば、それもひとつのメリットといえるでしょう。

ハードフォークとソフトフォークそれぞれのデメリット

次に、ハードフォークとソフトフォーク、それぞれのデメリットについてみていきましょう。

ハードフォークのデメリット

ハードフォークのデメリットは、主に以下の2点です。

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を紛失する可能性

新しいブロックチェーンでバグが発生した場合、バグを取り除く前に取引を行うと、コインを消失・紛失する可能性があります。ハードフォークが行われる前後での取引は、慎重に行いましょう。

一時的に取引が停止される

ハードフォークが行われる前後は、取引所によって取引が停止されます。取引所を利用している人は、コインの売買だけでなく、現金への換金もできない点に注意してください。ハードフォークが行われるという情報を入手したら、取引停止による影響を受けないように準備しておきましょう。

ソフトフォークのデメリット

ソフトフォークの場合でも、アップデートがうまくいかず、バグが発生してしまうことはありえます。ハードフォークよりも仮想通貨紛失のリスクは少ないとはいえ、アップデート直後の取引は慎重に行うほうがよいでしょう。また、ソフトフォークによるブロックチェーンの変更点を把握しきれていないユーザーが、混乱してしまうこともあります。


このように、それぞれにメリットとデメリットがあります。ハードフォークやソフトフォークによる混乱を避けるためにも、ブロックチェーンがアップデートされるという情報が入ったら、しっかり内容を確認しておきましょう。

ハードフォーク・ソフトフォークの前には情報収集が必要

ハードフォークとソフトフォークは、どちらもブロックチェーンに影響を与えるものです。ハードフォークやソフトフォークを行うといった話が出た場合には、どのようにして行われるのか、何が改善されるのか、いつ行われるのかなど情報収集を行っておきましょう。ハードフォークの場合、取引が一時的に停止されたり、新しく生まれた暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を受け取れる可能性もあります。


参考:

ソフトフォークとは|Liquid

ハードフォークとは|Liquid

ビットコインのハードフォークとは | メリット・デメリット - 現状と今後|Beyond

ソフトフォークとハードフォークの違いとは - 正しく理解して投資チャンスを掴む方法|Beyond