暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)はもう遅い?これから始めるべき理由を紹介!

投資を知る

2017年の夏から年末にかけて、ぐんぐんと伸びていった暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)全体のレートも、2018年末にはすっかりと落ち着いた様相を見せています。そのようななか、「暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)への新規参入はもう遅い」という声も聞こえてきますが、本当にそうなのでしょうか。

投資にはさまざまな種類と方法があります。どのような投資でも、それぞれ「もう遅い」というようなことはなく、利益の出る投資方法が異なるだけにすぎません。株や不動産投資はもちろん、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)もその時流に合わせた投資が必要になるということです。ここでは、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)への新規参入を考えている方に向け、これからの仮想通貨投資法をご紹介します。

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を始めるのはいつからでも遅くはない

2018年の初頭から年末にかけて、仮想通貨(暗号通貨、暗号資産)市場全体で大きく価格を下げていきました。2018年全体で見てみると、ビットコインの場合、同年1月には1BTC200万円を超えていたのに対し、12月には50万円以下にまで下がっています。1年でおよそ4分の1の価格となってしまったビットコインをはじめ、その他のアルトコインもビットコイン同様に値を下げています。2017年の高値のときにコインを買い増した方のなかには、大きな損失を抱えてしまった方もいるかもしれません。

これにより、世間では暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)投資を今更始めるべきではないという声もあがっています。しかし、どのような種類の投資でも、差はあるものの必ず波があります。これは株式投資であっても同じことです。
2018年の日経平均株価を振り返ってみましょう。14日の終値が23,506.33円、323日では20,617.86円となっています。そこから102日には24,270.62円で2018年の最高値になったものの、1225日には年間安値の19,155.74円と大きく動いています。多くの投資家がこぞって参加する株式投資でも、1年間で大きな値動きがあるのは確かです。
このようななかでも、一部の投資家たちは多くの資産を運用し、資産を増やしています。株式投資は暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)と異なり、投資先が多く見極めが難しいのにもかかわらず、利益を上げているのです。これは戦略的に投資を行っていることがその理由と考えられます。投資では、基本的に値が上がったときに売り、下がったときに買う、ということを繰り返すだけで利益を得られます。これは、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)であっても同じです。

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)全体を見ると、一時期から比べ大幅に値を下げています。しかし、そのなかでも毎日レートは上下しています。下がってばかりで上がることがない、ということはありません。ただし、資産の多くを暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)投資に回してしまうのは、その他の投資方法と同様にリスクがあります。まずは資産を分散して投資する、その分散先のひとつとして選んでみてはいかがでしょうか。

 

今から始める暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)投資

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)投資は今から始めても遅くはない、ということがわかりました。これから始めるとして、具体的にはどのような投資を行っていくべきなのでしょうか。まだ発展途上ともいえるブロックチェーン技術。しかし、現段階で認められている問題を解決することで、今後は市場全体が活発化し伸びていくだろうと予見している人も多くいます。このように、ブロックチェーン市場全体を長期的な目で見て、今後伸びそうな、優れた技術を持つコインを長期保有するという手もあります。

長期保有で将来性に期待

上記のように、ブロックチェーン市場の今後に期待し、まとめて購入しそのまま長期保有するのもひとつの方法です。ブロックチェーン技術は、開発されて間もないまだ若い技術です。2019年現在、ブロックチェーン技術は医療やサプライチェーン、不動産売買、保険など、さまざまな業界で利用が検討されています。大手企業がこぞって出資し、実証実験を行い、海外ではすでにブロックチェーン技術を利用した不動産売買が行われました。
暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)は、ブロックチェーン技術と共にあります。ブロックチェーンという技術の進化によって、新しいサービスやビジネスが生まれ、それによって暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)も価値を上げていくことが期待されています。

このようなブロックチェーン技術の未来に期待した投資を行う場合、10年・20年先でも安全に保有できるように、オフライン化でコインを保管しておくことをおすすめします。ブロックチェーン市場がこの先どうなっていくのか、それはまだだれにもわかりませんが、実際に世界中の企業や金融機関が出資し開発を後押ししている技術です。その将来性に賭けてみるのもひとつの手です。 

余剰金でコツコツ投資

レートが下がっても慌てないよう、資産のほとんどを投資に利用するのではなく、資産のごく一部や毎月の生活費の余剰金を使ってコツコツ投資してみましょう。価値が下がっても気にならない程度の額を毎月積み立てることで、価値が上がった際に大きなリターンを得られる可能性があります。毎月数千円から始める積立預金のような感覚で投資を始めてみてはいかがでしょうか。

時間のあるときには、短期間で売買を繰り返し、細かな利益を積み重ねていく方法で投資を行うのもおすすめです。一度の売買では少額の利益しか得られないかもしれませんが、短期間に何度も売買を繰り返すことで、最終的には大きな利益となっている可能性もあります。

 

今後の投資で気をつけておくべきこと

最後に、これから投資を始める方が気をつけておくべきことを二つご紹介します。

投資スタンスを決める

投資を始める際には、自分の投資スタンスを決めておき、価格の上下で一喜一憂しないようにしましょう。例えば、長期投資を行うと決めたのであれば、目先のレートの上下はほとんど意味を成しません。短期投資でこまめに利益を上げると決めた場合には、将来的なレートの上下も同じく意味を持ちません。自分がどのように投資していくのかをまず考え、それに沿った行動をしていきましょう。

少額ずつの投資から始めるのであれば、どのコインを狙って投資を行うのかも決めておきたいところです。レートが下がったときにはどこまで買い増すか。また、損切りのタイミングもあらかじめ決めておきます。こうすることで、大きな損失を避けながら投資を続けていくことができるのです。

投資とギャンブルは違う

大前提として、投資とギャンブルは異なるものです。暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)元年と呼ばれた2017年、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)は大きく価値を上下させました。そのために、投資ではなくよりハイリスク・ハイリターンな投機としてとらえられ、多くの人に「暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)投資は恐ろしい」という印象を残してしまいました。

投資によって戦略的に資産を増やしていくためには、投資しながら知識を深め、試行錯誤する必要もあるでしょう。投資によって利益を得る場合には、初めから大きな利益を追求しないことが大切です。資金をつぎ込みすぎたり、大きなリターンを狙いすぎて損失を大きくしてしまったりしないように注意しましょう。

世界情勢へも目を向ける

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の相場だけでなく、世界情勢にも目を向けましょう。世界情勢の動きによって、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)のレートにも動きがみられることがあります。あるひとつの国の金融危機や経済制裁などをきっかけとして、多額の資金が暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)に流れることもあるからです。毎日ニュースや新聞に目を通し、世界経済の動きを追うようにしてみましょう。

これから始めるなら今と自分に合った投資法を選ぼう

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)をこれから始めるのは遅い、というのは投機的な意味合いであり、投資としては今から始めても利益を得られることがわかりました。ここで注意したいのが、自分と今に合った投資法を選ぶという点です。投機を狙ってまとめて買って、急騰したら売却するというのではなく、毎月コツコツと積み立てていく方法をおすすめします。資金はなるべく余剰金を利用し、資産を守りながら投資を始めてみてはいかがでしょうか。

参考:

「数年以内に仮想通貨市場の時価総額は10倍に膨れ上がる」 米投資企業が予測|ITmedia

個人投資家株師孔明:今後の仮想通貨展望<徹底追及>【FISCOソーシャルレポーター】|YAHOO!JAPANファイナンス

仮想通貨投資に飛びつく前に心得ておくべきこと|Internet Watch