あらためて知る!暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)を利用するメリット

暗号通貨を知る

新たな経済圏を創造する可能性のある通貨として、暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)は、個人だけでなく、地域、企業などあらゆるところから注目されています。暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)を利用することで得られるメリットは複数あります。単なる投資と考えずに、暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)がもたらす未来について想いをめぐらせると、さまざまなメリットが見えてくるでしょう。暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)を利用するメリットについて、注意すべき点にもふれながら紹介します。


暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)を利用する金銭的なメリット

はじめに、暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)を利用することで得られる、金銭的なメリットについて見ていきましょう。

保有しているだけで利益を生む可能性

投資目的で購入したわけではなくとも、暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)を保有しているだけで利益が出る可能性があります。特に、価値の低い状態の暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)は、将来大きく価格を上げるかもしれません。購入価格の低い暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)であれば、万一価格が下落した際でも損失が少ないのもメリットです。

キャッシュレス決済として利用できる

ビットコインを保有しておけば、キャッシュレス決済が可能です。現金もクレジットカードも自宅に忘れてきてしまったという場合でも、スマートフォンから簡単に支払いができます。コインの購入時よりも価格が上昇しているときに決済できれば、利益分お得に買い物ができるのもメリットです。ただし、ビットコイン決済を利用できる店舗は限られています。

資産の分散先にできる

法定通貨は、ときにインフレの影響を受けて大きく価値を下げてしまうことがあります。ところが暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)であれば、インフレの影響を受けることがありません。資産の分散先として、インフレの影響を受けないものを考えているのなら、資産の一部を暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)に変えてみましょう。
実際に、海外の国が金融危機に陥った際、資産の避難先として暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)が選ばれたことも過去にはありました。20133月、ギリシャ危機の影響を受けて金融危機に陥ったキプロスには、ヨーロッパ圏の多くの富豪が資産を預けていました。
金融危機によってキプロスが預金封鎖や預金税の徴収を行ったことで、キプロスに資産を預けていた富豪たちは、資産をビットコインに逃避させたのです。このときビットコインは一時的に大きく値を上げました。

海外送金の手数料が安い

暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)のメリットのひとつに、海外送金における手数料の安さがあげられます。さらに、金融機関を介するよりも送金が速いのも特徴です。海外送金を頻繁に行う人は資産の一部を暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)に変えておくとよいでしょう。
暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)の送金はあくまでも個人間であり、中央機関を介さないため、余分な手数料や手続きが不要になるのです。

銘柄が少なく投資先を選定しやすい

国内にせよ海外にせよ、株式や投資信託などは銘柄が多く、投資の初心者からすると投資先の選定が大変というデメリットがあります。ところが暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)であれば、取引したいと思える主要な銘柄が現状ではそう多くないため、投資先の選定が比較的容易です。
投資初心者は、いくつかの気になる銘柄からひとつを投資先として選び、実際に取引を行いながらチャートの見方や投資方法について学んでいきましょう。


将来的に得られるかもしれないメリット

次に、暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)への投資で、将来的に得られるかもしれないメリットについて見ていきましょう。現在の値動きだけを見て売買を繰り返すのではなく、将来性のある有望なコインに投資を行ってみてはいかがでしょうか。

市場はこれから拡大する

暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)市場は、まだまだ成長段階です。これから市場が広がるにつれ、暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)が利用できる場面も増えてくると考えられます。現在あるさまざまな通貨とそのプロジェクトを見ると、今後はフィンテック領域だけでなく、あらゆる分野でブロックチェーン技術が利用されることが予測できます。
今はまだ資産価値の低いコインでも、プロジェクト初期からの応援者としてコインを保有しておくのも夢がふくらみそうです。価格の上下に一喜一憂する投資スタイルから、未来を見すえた長期的な投資に変換できます。

自分の将来に役立つ可能性

現段階では活用場面が少ない暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)ですが、将来的には一般に広く利用される可能性も秘めています。長期間保有しておくことで、自分の将来に役立てられるかもしれません。例えば、海外と取引をする事業を始めたとき、あらゆる通貨のハブになるXRP(リップル)を保有していれば、取引の金銭授受に役立つでしょう。
イーサリアムを保有しておけば、分散型アプリケーションを開発して利用してもらうことも可能です。また、スマートコントラクト機能を利用し、取引先との契約が簡素化できるかもしれません。


暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)で注意したいことは

いくつもの可能性を秘め、現状でもメリットがある暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)ですが、取引するうえで注意したい点もいくつかあります。最後に、暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)取引で注意したい点について解説します。

利用には課題が多く残されている

暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)はまだ歴史が浅いため、世界で広く利用されるためには、さまざまな課題を解決する必要があります。
暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)が、脱税やマネーロンダリングに利用されていることは看過できない問題です。健全に市場が育つためには、世界各国でときには厳しい規制を進めていく必要もあるでしょう。暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)自体のセキュリティ技術は優秀でも、それを扱う取引所にハッキングのリスクがあるのも難点です。
利用の際の二段階認証の設定や、コールドウォレットでの保管は必須になります。しかし、これらを利用するためには一定の知識が必要です。利用者自身が暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)を管理できるように、マネーリテラシーおよび情報リテラシーを高める必要もありそうです。

安全ではないコインもある

すべての暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)が安全というわけではありません。なかには、詐欺コインと呼ばれる取引してはいけないコインも存在しています。これは、暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)において大きなデメリットといえるでしょう。
価値が低いのにもかかわらず、SNSやブログなどでもてはやされているコインには注意が必要です。

常に最新の情報をキャッチしよう

暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)にあるこれらの課題は、暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)のシステムが整ううちに消滅するかもしれません。暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)自体が新しい試みであるため、利活用にはどうしてもリスクが付きまといます。しかし、暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)の将来に多くの人や企業が期待しているのも現実です。
暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)がどのようにして成長していくのか、各国の規制や取引所の情報など、常に新しい情報をキャッチしておきましょう。


メリットとデメリットをそれぞれ理解して利用しよう

暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)には、メリットだけでなくデメリットもあります。投資を行うと利益を得られる可能性がある点や、法定通貨とは違いインフレの影響を受けないといった点は大きなメリットになるでしょう。デメリットについては、今後国の規制や取引所独自の取り組みによって、改善されていく可能性があります。暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)に関する情報に常にアンテナを張っておきましょう。


参考:

ビットコイン(Bitcoin)とは?|bitFlyer

仮想通貨とは何か?初心者にもわかりやすく解説|Coincheck

仮想通貨はなくなる?将来性と気をつけたい管理方法とは|Money Forward Mall

ビットコインは有事の資産防衛に有効なのか|東洋経済