ブロックチェーンを支えるノード!暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)における役割とは?

暗号通貨を知る

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の取引情報の保管や、取引の承認を分散して行うノード。ノードは暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)のブロックチェーン技術を支えるうえで、欠かせない存在です。代表的な暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)であるビットコインには中央管理者が存在しません。その代わり、ネットワークにつながれた無数のノードがビットコインの取引を監視しています。暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)におけるノードはどのような役割を持っているのでしょうか。また、ノードの種類や参加条件なども紹介します。

 

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)のノードとは何か

そもそも、ノードとはどのような意味なのでしょうか。また、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)におけるノードとは何かを解説します。

 

ネットワークにおけるノード

ネットワークにおけるノードとは、ネットワークをつなぐパソコンやルーター、サーバーなどのことをいいます。ノード(node)には「節」「接点」「交点」という意味があり、IT用語ではネットワークへの接続ポイントを意味する言葉です。構成図を線と点で描いたとき、線がネットワーク、点になる部分がノードということになります。

例えば、自宅でパソコンを使ってインターネットを利用しているとき、使用しているパソコンがノードの役目を果たしています。最近では、テレビや冷蔵庫など、さまざまなモノがインターネットに接続できるようになりました。そういった製品もネットワークにつながれている状態ではノードです。ノードは身近なところに数多く存在しています。

 

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)のノードとは

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)におけるノードとは、取引情報の管理や取引の承認をするために、ネットワークにつながれた無数の通信機器のことをいいます。暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)におけるノードの特徴は、中央で管理するシステムがなく分散的であるということです。特定の企業や組織ではなく、不特定多数のユーザーがノードの役割を果たしています。

そのため、ノード同士は基本的に同格であり、ノード数が多いほど分散的で非中央集権型であるといえます。暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の取引情報は一カ所に集約されていないため、物理的な攻撃ができません。さらに、情報が分散されているため、改ざんすることが非常に難しくなります。つまり、ノードは暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の不正防止に欠かせない重要な存在なのです。

 

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)におけるノードの役割と種類

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)におけるノードには、主に4つの種類があります。ノードの役割や種類を詳しく解説します。

 

ノードの役割

ノードの役割とは、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の取引記録のかたまりである「ブロック」を監視・管理することです。ブロックはチェーンとなり、「P2P(ピア・ツー・ピア)」システムを通じてノードに共有されます。P2Pとは、ネットワークにつながれた端末同士が同等の立場で通信を行うことです。P2Pシステムにより、中央管理者がいなくても、情報をやりとりすることが可能になります。

ノードの種類

ノードには次の4つの種類があり、それぞれの役割を果たしています。

フルノード

ブロックの誕生から現在まで、すべての取引記録を管理しているノード。過去の取引情報をすべて保存しているため、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の取引に不正がないか確認することができます。データ量が多いため、パソコンからの参加となります。

SPVノード

ブロックチェーンの一部のデータを管理しているノード。データ量が軽いため、パソコンよりも容量が少ないスマートフォンからでも参加することができます。ただし、SPVノードのみでは情報の正当性を判断できないため、フルノードを参照する必要があります。

マイナー

マイニングという作業により、取引を承認するノード。マイニングに成功すると、報酬として新たに発掘した暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を獲得することができます。

ウォレット

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を保管する機能を持つノード。ウォレットには、パソコンで管理するフルノードのウォレットと、スマートフォンでも扱えるSPVのウォレットがあります。

 

ビットコイン以外のノード

ビットコイン以外の暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)でもノードが活躍しています。ただし、ビットコインのノードとは異なる特徴を持つノードも存在します。ここでは、ビットコインのノードとは違う仕組みを持つノードを挙げ、それぞれの特徴を解説しましょう。

スーパーノード

スーパーノードとは、ネムで使われているノードのことです。ビットコインのフルノードと同じように、すべての取引情報を記録しています。ネムはハーベスティングという方法で、取引を承認する仕組みです。ハーベスティングには「Proof of Importance(POI)」という仕組みが採用され、報酬は重要度に応じてランダムに支払われます。重要度を決める基準は、ネムの保有量や保有期間、取引頻度などです。ノードは重要度に応じて評価され、重要度の高いノードがスーパーノードになることができます。ノードになると、取引承認するたびに重要度に応じたネムを報酬として手に入れることが可能です。ビットコインのように承認作業が競争とならないため、高性能なパソコンが不要です。

マスターノード

ダッシュで採用されているノードのことで、参加することで報酬がもらえます。マスターノードもビットコインのフルノードと同じように、すべての取引情報を管理しています。ダッシュ以外にも、トリガーやブロックネットといった暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)で採用されているノードの種類です。保有量や専用サーバーの起動など、特定の条件を満たせば、参加することができます。参加条件となる保有量は通貨の種類によって異なります。マスターノードに参加すると、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)そのものの値上がりによる利益と、ノードへの参加で得られる報酬のふたつの方法で資産を増やすことが可能です。

ノードに参加するための条件

ノードに参加するには、それぞれの暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)によって条件があります。どのような条件が必要なのか解説します。

ビットコイン

ビットコインのフルノードになるには、膨大なデータ量を扱う必要があるため、高性能なパソコンが必要となります。また、マイナーとして参加する場合も、マイニングに高度な計算が求められるため、処理能力の高いパソコンが必要です。ビットコインのマイニングは、参加者が多いほど難易度が高くなる仕組みになっています。2019年現在では難易度が上がり過ぎたため、個人で参加して報酬を得ることは難しいのが現状です。そのため、マイニングプールやクラウドマイニングを通じて参加するのが一般的となっています。

ネム

ネムのノードとしてハーベスティングに参加するためには、10,000NEM以上をネムの公式ウォレットである「Nano Wallet」で保有し続けることが条件です。ただし、必要な保有量は時期によって変わります。条件を満たすと、ノードしてハーベスティングに参加し、報酬を得ることができます。ハーベスティングの場合は、ビットコインのマイニングとは異なり、高度な計算は行わないため、高性能なパソコンが必要ありません。個人でも参加することが可能です。

リスク

リスクでは、フォージングという仕組みで取引承認を行っています。ノードとしてフォージングに参加するためには、投票で選出されることが条件です。参加できるユーザーは101人と決められています。選出されるためには、5,000LSK以上保有した方がよいとされています。また、通貨はリスクの公式ウォレットである「Lisk Nano Wallet」に保管することも条件です。ウォレットに送金するには、少なくとも30LSKかかります。ノード名を登録するためには、さらに25LSK必要です。

ノードは暗号通貨(仮想通貨、暗号通貨)に欠かせない存在!

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)におけるノードは、ブロックチェーンの仕組みを支えるうえで、なくてはならない存在です。ノードには、取引情報を管理する役割のほか、取引を承認したり監視したりする役割もあります。ビットコイン以外にもノードは存在しますが、参加や承認の仕組みがビットコインのノードとは異なります。ノードに参加することで、報酬を受け取ることも可能です。ただし、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の種類によっては、個人での参加が難しい場合もあります。

 

参考:

仮想通貨のノードとは?気る役割や種類を解説|Liquid

仮想通貨の『ノード』って何?稼げるの?|マオラ

仮想通貨における「ノード」とは|BiT PORTAL

LISK(リスク)のフォーング(鋳造)について解説!フォージングは儲かる方法は?報酬は?|Coinwall