秘密鍵の重要性とは?ウォレットの種類も紹介

暗号通貨を知る

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を送金する際、「秘密鍵」を使って送金情報が送られます。秘密鍵とは、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を所有する本人しか知りえない重要なデータのことです。秘密鍵は所有権の証明となり、送金のプロセスにおいても重要な役割を果たします。今回は、ビットコインの送金の仕組みを例に、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)における秘密鍵の役割や保管方法などを紹介します。


暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)における秘密鍵とは

暗号化されたデータを送る際、秘密鍵と公開鍵というふたつの暗号化キーが必要です。暗号化キーは、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)で取引するときにも使われています。ふたつの暗号化キーのうち、秘密鍵は送信する本人しか知らない情報です。秘密鍵にはどのような役割があるのか、なぜ必要なのかをビットコインの仕組みを例に解説します。


ビットコインの送金の仕組み

ビットコインは、ネットワークを通じて送金することができる暗号化技術を使っています。送金する際には、秘密鍵と公開鍵が使われ、ビットコインが送金先のビットコインアドレス宛に送られます。送金情報は秘密鍵を使って暗号化され、対応する公開鍵で復号される仕組みです。公開鍵で復号できることで、取引の正当性が証明されたことになります。このような仕組みを電子署名といいます。電子署名はネットワーク上で取引をする際に、取引の不正を防止するためのシステムなのです。


秘密鍵の役割

秘密鍵はビットコインの所有者本人しか知りえない情報です。秘密鍵を知っている本人のみが、そのビットコインに関する操作をすることができます。つまり、秘密鍵は所有者本人であることを証明するための役割があるのです。メールの送受信に例えると、秘密鍵はメールアカウントのパスワードのようなもの。一方、公開鍵は誰でも知ることができる情報なので、メールアドレスに例えられます。


秘密鍵の必要性

秘密鍵はビットコインを安全に送受信するために必要なものです。万一、秘密鍵の情報が漏れてしまうと、所持しているビットコインを第三者が自由に送金できるようになるため、秘密鍵は安全な場所で保管しなければなりません。秘密鍵の安全な保管場所として、ビットコイン用のウォレットがあります。ウォレットはビットコインそのものではなく、秘密鍵を保管することで、ビットコインを安全に管理するものです。


暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の送金プロセス

秘密鍵は、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の送金プロセスにおいてどのように使われるのでしょうか。ここでは、ブロックチェーンを利用している暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の送金プロセスを解説します。送金プロセスのなかで、秘密鍵と公開鍵がどのように使われているのかわかります。


暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)における送金の流れ

ビットコインの送金は、所有者が送金リクエストをすることから始まります。送金者は秘密鍵から公開鍵を生成し、送金情報とともにネットワークに送ります。送付先に指定するのは相手のビットコインアドレスです。ビットコインアドレスとは、公開鍵から生成される口座番号のようなものです。公開鍵で送金リクエストの内容が確認できれば、ビットコインの所有者本人が送ったリクエストであることが証明されます。本人であることが証明された後、過去の取引情報との照合が行われます。


送金情報の検証

取引承認を実行するのは、ノードの役割です。ノードとは、ネットワークに接続された無数の端末のことをいいます。ノードは送金リクエストを受け取ると、検証作業を行います。これまでの取引データが記録されたブロックチェーンを使って、取引の正当性を検証するのです。この仕組みをマイニングといい、検証作業を行うノードをマイナーといいます。マイナーはマイニングに成功すると報酬を受け取ることができます。


送金情報の格納

検証後、送金情報はブロックに格納され、ブロックチェーンにつながれます。このように過去の取引を記録することで、二重払いを防ぐことができるのです。ビットコインではこの作業が10分ごとに行われています。そのため、ビットコインの着金が確認できるまで、最速で10分かかります。送金情報が格納されると、送金プロセスの一連の手続きが完了です。


秘密鍵を保管する方法とウォレットの種類

暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を取引所で購入した場合、購入したコインは取引所にそのまま預けておくことができます。その場合は秘密鍵の保管を、取引所に任せている状態です。しかし、ウォレットに秘密鍵を保管することで、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を自分で管理することができます。


秘密鍵の保管

秘密鍵は暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の所有権を証明する重要なデータであるため、第三者に知られないように保管する必要があります。秘密鍵の安全な保管場所がウォレットなのです。それぞれの暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)に対応したウォレットがあり、取引所で購入後に送金操作を行って保管します。取引所でも暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を管理できますが、取引所をねらったハッキングが後を絶たないのが実情です。特に、多額の暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を保有している場合は、安全性の高いウォレットで管理することをおすすめします。


ウォレットの種類

ウォレットは、大きく分けてふたつのタイプがあります。ネットワークにつながれたホットウォレットと、ネットワークから切り離された状態で保管するコールドウォレットです。基本的にはコールドウォレットのほうが、安全性が高いとされています。一方で、ホットウォレットは頻繁に暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を取引する人には便利です。それぞれの特徴を理解し、自分に最適なウォレットを選びましょう。ここでは、ウォレットの種類を見ていきます。


取引所のウォレット

取引所のウォレットは、すぐに取引に対応できることがメリットです。取引所のウォレットは、基本的にホットウォレットになりますが、取引所によっては顧客資産のほとんどをコールドウォレットで保管していることもあります。また、ホットウォレットで保管している場合でも、さまざまなセキュリティ対策を行っているのが一般的です。とはいえ、取引所のウォレットはシステムダウンによる資金移動の停止や、ハッキングによる資金流出などのリスクがあります。取引所のウォレットを利用する場合は、どのようなセキュリティ対策を行っているのか事前に確認しておきましょう。


ウェブウォレット

ホットウォレットの一種で、ウェブ上のウォレットサービスを利用して保管するものです。ネットワークにつながっているため、セキュリティ面ではやや不安が残ります。また、サイトに不具合が生じたときに、資金が失われてしまうリスクもあります。一方で、使い勝手の良さがウェブウォレットのメリットです。メールアドレスとパスワードだけで、どの端末からでもアクセスできます。ただし、対応している暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)が少ないため、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨以外は利用できません。


ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットとは、パソコンやスマートフォン(スマホ)にソフトウェアをダウンロードして保管するサービスです。端末がネットワークにつながっていればホットウォレットになります。ネットワークから切り離されていれば、コールドウォレットです。暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を自分の端末に入れて保管することができます。スマホにインストールして保管すれば、持ち歩きにも便利です。ただし、端末の故障や紛失により、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を失うリスクもあります。万一に備えて、データのバックアップを取っておく必要があります。


ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、専用の小型デバイスに暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を保管しておくコールドウォレットです。デバイスの価格は5,000円台から数万円まであります。対応する暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の種類が多いことも特徴です。マイナーな通貨の保管先として重宝します。一方で、取引する際は取引所のウォレットへ送金する必要があり、利便性にはやや欠けます。また、デバイス本体の紛失や破損にも注意が必要です。


ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、紙にアドレスと秘密鍵を印刷して保管するウォレットです。完全にネットワークから切り離された状態で保管できるので、最も安全性が高いといえます。多額の暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)の保管場所として最適です。一方で、利便性に欠けることがデメリット。取引を開始するには、取引所へ資金を移す必要があります。また、データを記録した紙の紛失や汚損にも注意が必要です。ペーパーウォレットは、多額の資金を長期間保管する場合に向いているでしょう。


秘密鍵は安全性の高いウォレットへ保管しよう!

秘密鍵は、暗号通貨(仮想通貨、暗号資産)を送金する際に、電子署名に使われる重要なデータです。そのため、安全性の高いウォレットに保管しておく必要があります。ウォレットは種類によってセキュリティや利便性が異なるため、利用する際にはそれぞれの特徴を理解する必要があります。取引所のウォレットに保管している場合は、どのようなセキュリティ対策を行っているのか確認することも大切です。それぞれのウォレットの特徴と自分がどのような取引を行うかを考えたうえで、種類を選びましょう。


参考:

TxIn(トランザクションインプット)とは?|DMM Bitcoin

想通貨のウォレットとは?初心者向けに種類別のおすすめを比較・解説|CoinOtaku

仮想通貨の「公開鍵」と「秘密鍵」とは?初心者向けに専門用語を解説!|BITDAYS

ビットコインの入手と送金方法 送金のしくみ|仮想通貨・ビットコインのやさしい初め方