暗号通貨(仮想通貨)のセキュリティーを知るうえで欠かせないシングルシグとは

暗号通貨を知る

暗号通貨(仮想通貨)を管理・利用する際には、高いセキュリティーが求められます。そこで暗号通貨(仮想通貨)取引では、インターネットセキュリティーのひとつである「公開鍵暗号方式」を使用することによって取引の安全性を確保しています。暗号通貨(仮想通貨)に興味のある方なら、公開鍵暗号方式やシングルシグといった言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。公開鍵暗号方式にはマルチシグ、シングルシグと呼ばれる方式があり、それぞれに異なる特徴を持ちます。ここではシングルシグに焦点を当てて解説します。

公開鍵暗号方式とは

公開鍵暗号方式とは、「公開鍵暗号とは、公開鍵と秘密鍵の対になる2つの鍵を使ってデータの暗号化/復号を行う暗号方式のこと」を指します。(引用:Liquid by Quoine)このとき、公開鍵と秘密鍵で異なる2つの鍵を作成します。うちひとつは公開鍵になり公開され、もうひとつは秘密鍵として誰にも知られないよう管理します。

暗号通貨(仮想通貨)は法定通貨と異なり、形のないものです。「ここに通貨があります」と言っても目に見えるものではないため、データとして存在していることを証明するための電子署名が必要です。公開鍵と秘密鍵によって電子署名を行うことで、暗号通貨(仮想通貨)の存在を証明し取引を可能にしています。

公開鍵と秘密鍵は、それぞれ役割が異なります。銀行取引でいうと、秘密鍵はいわば暗証番号のようなものです。一方、公開鍵は口座番号と考えてください。通常、銀行でも口座番号だけではお金を引き出すことはできません。しかし、暗証番号と口座番号、両方を知られてしまうと口座からお金を引き出される可能性があります。公開鍵暗号方式でも同じく、公開鍵の情報だけではハッキングされませんが、秘密鍵の情報が知られるとハッキングされる恐れがあります。

暗号通貨(仮想通貨)取引を行う際、送金する側は誰でも見ることができる受信者側の公開鍵を使って暗号文を作ります。受信者側は、自分だけが知っている秘密鍵を使って暗号文を復号することで暗号通貨(仮想通貨)を受け取ります。

送金から受け取りまでの間には、マイニングによって取引の検証が行われるため、データの改ざんや不正は行われません。このように、暗号通貨(仮想通貨)では公開鍵暗号方式を使ってセキュリティーを高めているのです。この公開鍵暗号方式のほかに、共有鍵暗号方式というものもあります。共有鍵暗号方式では、送金側と受け取る側が秘密鍵を共有し、この秘密鍵は何度でも利用できます。暗号通貨(仮想通貨)でも使われることのある方式ですが、公開鍵暗号方式に比べるとセキュリティー面での不安が隠せません。というのも、秘密鍵を共有する人数が増えるごとに不正の確率が増すからです。
暗号通貨(仮想通貨)取引では、面識のない者同士が取引を行う場面が多々あります。そのようなとき、どこの誰か分からない相手に対して、暗証番号に当たる秘密鍵を教えるのはとてもリスキーです。なるべく安全に暗号通貨(仮想通貨)取引を行いたいのであれば、公開鍵暗号方式を利用することをおすすめします。

シングルシグについて

公開鍵暗号方式においてのシングルシグとは、「シングルシグ(シングル・シグネクチャ:Single Signature)とは、公開鍵暗号方式において、公開鍵と秘密鍵を一対で照会する仕組みのこと」をいいます。(引用:Liquid by Quoine)南京錠をひとつ持っていたら、その南京錠を開けられる鍵もひとつというのがシングルシグと考えてください。
錠と鍵がひとつずつのシングルシグは、シンプルで秘密鍵の管理がしやすいというメリットを持ちます。利便性も高く、シングルシグを利用すると取引の速度も上がり、スムーズに暗号通貨(仮想通貨)取引を行えるでしょう。
ただし、シングルシグはセキュリティー面で完璧な方法とは言えません。錠に対して鍵がひとつということは、鍵穴をひとつ突破できればハッキングが可能となってしまいます。玄関ドアを思い出してください。防犯性の高い玄関ドアには、上下に2つの鍵穴が付き、さらにチェーンを使うこともできます。こうすることで泥棒が来てもドアが開けづらくなり、大切な家と財産を守ることができます。
これは暗号通貨(仮想通貨)においても同様です。前述の玄関ドアの場合には、鍵穴が複数なのに対して鍵がひとつですが、暗号通貨(仮想通貨)では鍵穴がひとつに対して複数の鍵が使われます。この方式がマルチシグ(マルチ・シグネチャ)です。シングルシグよりも高いセキュリティーを持つとして、ハッキングから顧客の財産を守るためマルチシグを採用する取引所も多くなっています。

マルチシグとの違い

ここで、シングルシグとマルチシグの違いについて見ていきましょう。

シングルシグは公開鍵と秘密鍵が一対になっており、シンプルでスムーズな取引を可能にします。より素早い取引が可能となるため、暗号通貨(仮想通貨)の売買を行う際にはなるべく早く承認してもらいたいという方に向いているでしょう。ただしセキュリティー面では不安の残る部分もあり、多額の資産を保管する・送金する場面では扱いにくいかもしれません。シングルシグの場合には、なるべく取引を少額にする、多額の資産をウォレット内に保有しないなどの工夫をしましょう。
しかし鍵がひとつしか無いため管理がしやすいという特徴もあります。取引をする際に多額の資金を利用しない方や、暗号通貨(仮想通貨)はすぐにコールドウォレットに移して管理できる方であれば、ある程度は気にせず利用できるでしょう。

マルチシグはひとつの公開鍵に対して複数の秘密鍵を使わなければ暗号を復号できないため、シングルシグよりも高いセキュリティーを持っています。マルチシグにはいくつかの方法があり、さらにセキュリティーを高めることも可能です。
例えば、パソコンとタブレット、スマホで別の秘密鍵を使っていれば、どれかひとつの秘密鍵がハッキングされても所有する暗号通貨(仮想通貨)を盗まれる危険性は下がります。
万が一どれかひとつの秘密鍵がハッキングされてしまっても、ほかの秘密鍵があれば資産の流出を防ぐことができるのです。このようにセキュリティー面において優れているマルチシグですが、デメリットもあるため注意しましょう。
マルチシグでは秘密鍵を複数設定するため、取引前の初期段階で設定に手間取ることがあります。デジタル機器が苦手な方には難しい作業になるかもしれません。マルチシグに対応する取引所での手続きはシングルシグよりも複雑になるため手違いに注意しましょう。

これらのことから、より安全性の高い取引を行いたい場合にはマルチシグ方式をおすすめします。取引所に口座を開設する際には、マルチシグ対応かどうか確かめておくと安心です。確認する方法として最も簡単なのが、ビットコインの送金アドレスによって見分ける方法です。
ビットコインアドレスは英数字の羅列となっていますが、そのアドレスの最初の文字が「1」ならシングルシグ、「3」であればマルチシグとなります。シングルシグかマルチシグか、気になる方はビットコインの送金アドレスにて確認してみましょう。(ただし、この方法はビットコインのみに限ります)

安全な暗号通貨(仮想通貨)取引のために

シングルシグとは、暗号通貨(仮想通貨)における暗号の方式の名称です。シングルシグの場合には、公開鍵ひとつにつき秘密鍵もひとつのため取引の利便性は良いのですが、セキュリティー面で不安が残ります。より安全な暗号通貨(仮想通貨)取引を行いたいのであれば、マルチシグによる取引がおすすめです。利用する取引所のウォレットがシングルシグかマルチシグか確認してから取引を開始しましょう。

 

参考: