次世代の契約スタイル。スマートコントラクトとは?

暗号通貨を知る

ブロックチェーン技術の始まりとなったビットコインは、通貨であり、決済手段や送金手段、利殖の手段としてのみ機能します。ビットコインは現金やクレジットカードのように支払いに利用すること、海外送金のような送金に利用すること、キャピタルゲインや貯蓄などの利殖に利用することを考えて作られており、それ以外の機能は有しません。そこからさらに一歩踏み込んだ技術が、イーサリアムの代表的な機能、スマートコントラクトです。イーサリアムのブロックチェーン技術の要とも言える、スマートコントラクトについて解説します。

スマートコントラクトとは何か

スマートコントラクトとは、日本語で分かりやすくいうと「自動化された契約」です。契約のための一定の条件を満たし、ブロックチェーン上で決済が完了すると自動的に契約が完了します。このとき、すべての取引はブロックチェーン上に記録され、変更はできません。一度交わした契約は取り消すことができず、改ざんが難しくなるという特徴を持っています。

スマートコントラクトという新しい仕組みはさまざまなメリットを生みますが、同時にいくつかのデメリットも持っています。まずはスマートコントラクトによって生まれるメリットとデメリットを見ていきましょう。

スマートコントラクトのメリット

これまでと同様の契約手続きよりも、ブロックチェーンを利用したスマートコントラクトが優れているのはどのような点なのでしょうか。スマートコントラクトを利用するメリットはいくつかあります。

ブロックチェーンを利用することで、契約にかかるコストを削減しつつ、高いセキュリティーのもとで契約を履行できます。仲介者を入れないことで不正を防止できるのも利点でしょう。また、「相手を信用するためのプロセスをカットして契約できる」のもスマートコントラクトのメリットです。

なぜ信用せずに契約できたり、不正を防止したりできるのでしょうか。これは取引がすべてのユーザーに公開されること、取引は過去に戻ってやり直すことができないというブロックチェーンの特徴が関係しています。一般的な契約では、書類が改ざんされてしまったり、問題のある契約では「契約した・していない」といった争いが起きてしまったりすることがあります。しかし、スマートコントラクトを利用することでそういった心配がなくなります。
ブロックチェーン上で行われた取引はすべてのユーザーに公開されます。過去までさかのぼって確認できることから、取引を改ざんすることはできません。そもそも、ブロックチェーン上の取引はやり直しがきかず、取引をなかったことにもできないのです。これらの特性を生かしたスマートコントラクトは、安全かつエコノミーな取引を可能としてくれます。

スマートコントラクトのデメリット

一方で、スマートコントラクトの利用にはいくつかのデメリットも存在します。まず、契約の内容をプログラミング言語にしなければいけないため、次々と新しい契約のプログラムを組むのが難しくなっています。プログラミングの際にバグが発生する可能性もゼロではありません。

さらに、ブロックチェーン上で契約を行うことで、契約内容の変更ができなくなります。なんらかの事情があった際に柔軟な対応ができなくなってしまうこともあるでしょう。スマートコントラクトが世の中に浸透していくためには、これらの問題を解決しなければいけません。

スマートコントラクトの仕組み

スマートコントラクトでは、あらかじめ決めておいた条件が満たされることで契約が実行されます。自動販売機をイメージしてみてください。自動販売機に現金を投入し、欲しい商品のボタンを押すと商品が出てきます。これも自動契約の一種です。
お金を入れ、特定のボタンを押すと契約が完了し、ジュースが出てくる。スマートコントラクトでは、この一連の流れをブロックチェーン上で行うことができます。「契約完了」の条件となるプログラムを入れておくことで、条件がそろうと自動で契約が完了します。

例えば、「2018年9月28日に300万円振り込まれると、Aさんの車の所有権がBさんに移動する」というプログラムを組んだとしましょう。この場合、実際に振り込まれた時点で契約は完了し、車の所有権が移動します。

スマートコントラクトによる契約と通常の契約で異なるのは「仲介の存在」です。通常、不動産売買でも自動車売買でも、間には仲介者の存在があります。仲介者がいることで安心して取引ができる、交渉の手間が省けるというメリットがありますが、一方で仲介料が必要になる、取引に時間がかかるというデメリットがあります。

スマートコントラクトを利用することで、こういったコストをカットでき、エコノミーな取引が可能となります。スマートコントラクトはすでに機能しており、利用される場面も増えてきました。次に、スマートコントラクトを利用した事例を見ていきましょう。

スマートコントラクトを利用した事例

CryptoKittiesは、イーサリアムのスマートコントラクトを利用した育成ゲームです。イーサリアムで課金して、交配させ新しく生まれたキャラクターを売買することができます。これはイーサリアムのユーザーに大人気となりました。

イーサリアムのスマートコントラクトはすでに不動産取引にも利用されています。アメリカでは企業が契約関係の書類の記録と取引についてイーサリアムを利用し、実際に不動産取引を行い話題となりました。時間のかかる不動産取引の手間を軽減し、手数料を節約できるスマートコントラクトによる不動産取引は、今後も広がる可能性があるでしょう。

スマートコントラクトで世の中はどう変わる?

イーサリアムは現在、世界中の企業から注目を集めています。今後は多くの企業がイーサリアムのスマートコントラクト機能を利用するようになるでしょう。契約にかかるコストを削減しながら、ユーザーにとってもメリットの多い事業を展開することが期待されます。先ほど紹介したスマートコントラクトによる不動産取引が利用されるようになれば、企業側は人件費をカットし、売買取引を行うユーザーは仲介手数料を節約することができます。

その他、サブスプリクション方式による契約締結、コインパーキングやレンタルバイクなどの今後にも期待できます。こうした機密性を必要としないものは、早い段階で暗号通貨(仮想通貨)を利用したスマートコントラクトが活用されるようになる可能性があります。

ただし、機密性を必要とする契約ではまだまだ不安が残ります。企業の信用を落とさず、かつユーザーが不利益を被らないようにスマートコントラクトを活用するためには、より優れた技術が必要になっていくでしょう。暗号通貨(仮想通貨)の技術はこれからもさらに伸びていく可能性を秘めています。

イーサリアムもまだ完成形ではなく、アップデートが行われ続けています。今後、イーサリアムだけでなく、新しい暗号通貨(仮想通貨)によって優れたスマートコントラクト機能が生まれる可能性もゼロではありません。スマートコントラクトによってこの先契約の形態がどうなっていくのか、その動向を注視しておきましょう。

暗号通貨(仮想通貨)の発展とスマートコントラクト

暗号通貨(仮想通貨)は単なるコインではなく、それぞれに役割を持っています。ビットコインの一歩先をいくスマートコントラクトは、今後世界中に大きな影響を与えるでしょう。2018年現在、暗号通貨(仮想通貨)取引所に上場していない暗号通貨(仮想通貨)も多数存在します。また、発行元が運営・管理する自社の取引所(マッチングサイト)でのみ売買が可能な状態の暗号通貨(仮想通貨)も存在します。今後も新しい暗号通貨(仮想通貨)が生まれ、より優れた技術を持つブロックチェーンも誕生するかもしれません。暗号通貨(仮想通貨)によって未来がどう変わるのかを想像しながら気になるコインの取引を行ってみてはいかがでしょうか。

 

参考: